2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

帝國海軍「駆逐艦 磯風」発見か?
柏崎JCシニアクラブ新年総会

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、甘塩鮭、新生姜漬け、豚肉味噌、若布スープでご飯2杯の朝食をとる。

 9時、市内某所に移動し、教育現場で起こった某事件に関する事実確認などを行う。

 11時過ぎ、事務所に戻り、事務仕事。

 12時30分、妻とお気に入りの「したん家」に行き、「天ぷら中華 360円」と「半カレーライス 200円」で昼食をとる。
 天ぷら中華はもとより、酸味がアクセントになっているカレーがとりわけお気に入りである。

Dsc_0003

 13時過ぎから銀行や修理が終わったノートパソコンの納品などで市内まわり。

 16時、市役所に移動し、他会派議員と意見交換を行う。

Dsc_0004 17時50分、メトロポリタン松島に移動し、18時から柏崎青年会議所シニアクラブの新年総会に出席。今年度の事業として、引き続き綾子舞への支援金が予算に計上された。
 柏崎青年会議所を卒業したばかりのメンバー3名加入し、今年度は総勢90名という体制である。

Dsc_0007

 18時30分から会場を移しての懇親会となり、ビールや熱燗を注ぎつ注がれつつで、大雪の除雪体制への業者としての苦労や柏崎市内の景気、経済環境についての意見交換など、貴重な時間となった。
 20時40分、恒例のおじやがでたところで三々五々の解散。

 21時過ぎ、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びたのち、事務所で資料を読み込む。

 大東亜戦争末期、昭和20年4月7日、沖縄に向かった帝國海軍「戦艦 大和」「軽巡洋艦 矢矧」「駆逐艦 朝霜」「駆逐艦 浜風」は米軍との死闘となった坊ノ岬沖海戦において、沈没し、航行不能となった「駆逐艦 霞」、「駆逐艦 磯風」が僚艦である奇跡の艦「駆逐艦 雪風」により自沈処分された。

Isokaze

 その「駆逐艦 磯風」と見られる艦が「戦艦 大和」沈没点の近くで見つかったという。
 是非とも悲劇の戦争記憶を残すため、一部だけでもサルベージしてほしい。


平成30年2月9日『産経新聞』

駆逐艦「磯風」?発見
鹿児島沖 大和沈没海域近く

 先の大戦末期、戦艦「大和」とともに米軍の攻撃を受け沈没した旧日本海軍の艦艇5 隻のうち、駆逐艦「磯風」とみられる艦体が鹿児島県南西沖で見つかっていたことが8日、分かった。
 発見したのは、平成28年に広島県呉市から大和の潜水調査を委託された大阪市の海洋調査会社「深田サルベージ建設」。独自の追加調査で、大和の沈没場所から北東に約9。5キロ、深さ約440メートルの海底で、艦艇1隻を発見した。戦史記録や特徴である四連装の魚雷発射管などから、磯風の可能性が高いと判断した。
 映像を確認した呉市の大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)の戸高一成館長によると、大和以外の撃沈した艦艇の沈没位置は特定されておらず、「戦争の悲劇が忘れ去られていく中で、大和以外にも多くの犠牲があったことを伝えられる貴重な発見」という。
 
磯風はミッドウェー海戦などに参加。大和など計10隻で沖縄戦への特攻出撃の途中、鹿児島県南西沖で攻撃を受け沈没し、艦隊全体で約4千人が戦死したとされる。

2018年2月27日 (火)

『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編
毎日新聞、財界にいがたで紹介

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、黒ニンニクの胡麻油漬け、野沢菜、えのきと油揚げの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 シャワーを浴びたのち、8時50分、市役所に移動。

 9時から所属会派「決断と実行」の会派会議に出席する。

Cdsc_00053 12時10分、自宅に戻り、「ペヤング」で有名な群馬県伊勢崎市のまるか食品が出した賛否両論という商品「ペヤング カレーやきそば プラス納豆」ととんかつパンで昼食をとる。
 カレーらしい人参とジャガイモがかやくとして入っており、麺ができたところでカレーソースを混ぜ、乾燥納豆をかけるという商品。
 納豆の粘りや風味も楽しめるものの、カレーの香りと辛味が若干勝っている感じである。乾燥納豆がソースを吸ってしまうので、ソースはもう少し水分多めでも良いかと思う。

Cdsc_00074

 食後から事務所で事務仕事。

 15時から市内某所でのイベント企画に関する意見交換に出席する。

Cdsc_00115 18時10分、自宅に戻り、牡蠣フライ、オリーブオイルを多めにかけたトマトとモッツァレラのサラダ(インサラータ・カプレーゼ)、鯉のあらい、キャベツ、小粒納豆と梅肉の和え物、ビール500ml3本で夕食をとる。
 久々の鯉のあらいは臭みが全く無い新鮮なものなので、酢味噌ではなく、天然の山葵と再仕込み醤油で楽しんだ。

 19時からネット上での会議。

 21時過ぎ、電話があったので、市内某所に移動し、生ビールを飲みつつ、懇談する。

 23時、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びたのち、事務所で事務仕事。

 先日、『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編の制作にあたって、柏崎市長を訪問した際の模様が、本日付け(平成30年2月27日)『毎日新聞』、今月発売された『財界にいがた』2018年3月号(150ページ)に記事として掲載された。

Ddsc_00011

 追加の資金調達、特撮ヒーローのレジェンド俳優との調整を急がなくてはならない・・・。

Ddsc_00032

2018年2月26日 (月)

「タモリ倶楽部」ザンネンな観光パンフレットAID

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鯖の水煮、ジャガイモとピーマンの油炒め、刻み生姜の醤油漬け、豆腐と若布の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎから市内某所で相談を受ける。

Cdsc_00011 12時40分、自宅に戻り、日清「つけ麺の達人 濃厚魚介醤油 2人前」を茹で、茹でもやし、市販の蕎麦つゆを使った煮卵(漬け込み卵)、低脂肪乳で昼食をとる。
 食べている途中で、味変としてつけだれに刻み生姜を投入。

 食後から市内の公的機関などで午前中に相談を受けた内容に関する事実確認などの調査を行う。

 16時、事務所に戻り、某マスコミから原子力発電に関する取材を受ける。

Cdsc_00032 18時40分、母が石川県で購入してきた牡蠣を焼き牡蠣にしたもの、値段が高い白菜が少なめになってしまった八宝菜、小粒納豆と梅肉の和え物、ビール500ml3本で夕食をとる。
 焼き牡蠣には、やはり日本酒ということで、新潟県妙高市の地酒「鮎正宗」を1合追加。

 食後から事務所で今日の調査結果や議事メモをまとめる。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』のDVD4巻を観る。波動砲の対人使用をためらう古代進が現代らしいリメイクである。

 先日、平成30年2月16日放送の「タモリ倶楽部」で「ザンネンな観光パンフレットAID」というタイトルで、東京都中央区日本橋にある一般財団法人地域活性化センターの「ふるさと情報コーナー」の全国各自治体の観光パンフレットが紹介された。

H26_fjc_1

 紹介されたといっても、ザンネンなパンフレットとしてであり、以下の自治体が取り上げられた。
 我が柏崎市のパンフレットも置かれているはずだが、紹介はされなかった。

山口県田布施町のザンネンポイント

・県名がどこにも書いていない。
・地図がわかりにくい。

宮崎県西米良村のザンネンポイント
・表紙が地味
・途中から、表紙にも使った米良地方に伝わるカリコボーズという精霊がいなくなる。

高知県大月町のザンネンポイント
・普通のことを大きな文字にして、キャッチコピーが当たり前すぎる。
・写真の解像度が低い。

福岡県吉富町のザンネンポイント
・エヴァンゲリオン風になって、どこのまちが分からない。
・自虐風のキャッチ(例:(泣)など)が活きてない。

徳島県美波町のザンネンポイント
・取扱説明書風にしたものの活かしきれていない。

富山県小矢部市のザンネンポイント
・表紙にゆるキャラ、メルギューくんを採用したが、移住者向けパンフレットなのに町の写真が1枚も載っていない。

福岡県東峰村のザンネンポイント
・写真がふんだんにあるものの、老眼には厳しい文字サイズのパンフレット
・昼間に花火をしている・・・?

長野県根羽村のザンネンポイント
・パンフレットのタイトルが、ピーターパンの「Never Land」を意識した「Green kingdom Neba・Land」ですべり感がある。
・平成28年にネバーランド感をリニューアル。

 ザンネンなパンフレットとして紹介される逆張りのシティセールスも面白いものの、できれば我が柏崎の観光パンフレット(紙、電子両方)は、秀逸なパンフレットとして紹介される日が来てほしいものと思う。
*現在、柏崎市は英語版の観光パンフレットを作成中

2018年2月25日 (日)

2018年群馬県台湾総会新年会
群馬の皆さんから「柏崎=海」の声

 2時、就寝。

 6時に起床し、急ぎで依頼された資料を作成する。

 7時30分、妻とともに愛車で群馬県方面に向かって移動。途中、「マクドナルド 8号線柏崎店」(電話:0257-20-4441)のドライブスルーで購入した「マック ソーセージエッグマフィンセット 450円」(サイドメニューはハッシュポテト、ドリンクは野菜ジュース)で朝食をとる。

 道路の凍結などもあり、10時過ぎに群馬県内に入り、関越自動車道を降りて、地元スーパーで市販納豆の調査。

Dsc_001201 11時、伊勢崎プリオパレスに到着し、11時30分からの2018年群馬県台湾総会新年会に夫婦で出席。昨年(2017年群馬県台湾総会新年会)に引き続き、ありがたいことにご案内を頂いた。
 まずは冒頭に、先の花蓮の被害が大きかった台湾東部大震災でお亡くなりになった方々へ出席者全員で黙祷を捧げた。
 群馬県台湾総会会長の挨拶ののち、実質的な台湾の駐日大使館である台北駐日経済文化代表処の郭仲熙副代表から流暢な日本語での挨拶があり、先の北陸地区での豪雪で交通渋滞になった際の地元日本人の炊き出しや台湾東部大震災への日本のいち早い対応に対しての御礼があった。

Dsc_001502

Dsc_001703 続いて、台湾の自転車メーカー「ジャイアント」が出店した関係から台湾に行き、自転車で台湾を旅した群馬県前橋市・山本龍市長のご挨拶。つい先日、『KANO~1931海の向こうの甲子園~』を観て、感動したという。

Dsc_001804 「台湾紅茶の父」新井耕吉郎の地元である沼田市・横山公一市長からは、台湾紅茶を軸に今年中には台湾との姉妹都市の締結をし、来年の新年会では歓喜の「イェーイ」をしたいとのお話しであった。群馬県は本当に台湾と縁が深い自治体が多い。

Dsc_002205 全国青年市長会の会長として、2年前に沖縄県石垣市で李登輝元総統講演会を実現させた埼玉県本庄市・吉田信解市長からは、台南市とのつながりから今後も深く台湾と交流していく旨のお話しがあり、本庄市で台湾を訪問した際のメンバーからの台湾東部大震災への義援金も郭仲熙副代表に手渡された。

Dsc_002806

 ご案内頂いた同じ来賓テーブルには群馬県台湾総会会長をはじめ、台北駐日経済文化代表処の郭仲熙副代表、在日の華僑協会会長、群馬県前橋市・山本龍市長、沼田市・横山公一市長、埼玉県本庄市・吉田信解市長、群馬県議会・大和勲議員、地元である群馬県伊勢崎市議会・伊藤純子議員、群馬県沼田市議会・久保健二議員がいらっしゃり、台湾との交流のやり方はもとより、自治体経営の事など、色々と情報交換することができた。

S__43819012

 また、山本龍市長からは、豪雪時に柏崎市からの除雪応援をもらったことの御礼をはじめ、海といえば柏崎とのお話しを頂戴し、他の群馬県の自治体関係者や生粋の群馬県人(グンマー)の皆さんからは、

 「柏崎の海は、
 (子供の頃から通ったので) 私の海でした」

といったお話しを多くお聞きした。
 迷走する柏崎のシティセールスであるが、これまで言ってきたように、まずは原点に戻り、「海の柏崎」に資源を集中投下すべきである。

 シティセールスつながりとして、台北駐日経済文化代表処の郭仲熙副代表に魚のあらを使った柏崎産の有機栽培米をお渡しし、アピール。
 「柏崎=米が美味しい=魚のあらで循環農業=海の柏崎」のため、小さな事かも知れないが、少しずつの努力である。

S__43819010

 群馬県台湾総会や群馬県内の台湾ゆかりの方がお集めになった台湾東部大震災への義援金も郭仲熙副代表に手渡された。私としては雀の涙ほどで、申し訳ない限り。

Dsc_002806_2

 ここで余興として、育英短期大学による「あばれんぼう太鼓」となり、若い女性が飛び跳ねるユニークで恰好の良い太鼓を楽しむことができた。
 若さもあるが、躍動感が凄い。

Dsc_003407

 台湾で生まれた日本人である湾生であり、かつ花蓮港吉野村(現在の花蓮縣吉安郷)でお生まれになった清水一也氏による乾杯で懇親会に突入。

Dsc_003608 料理は、「海老とズワイ蟹彩り野菜のサラダ」にはじまり、麻婆豆腐のような「寄せ豆腐の挽肉あんかけ」、「カジキの胡麻パン粉焼き、香味野菜とチリソース」、「若鶏のソテー、中国味噌ソース」、「焼きおにぎりの海鮮あんかけ」、デザートとして「ベリーのムースと焼き菓子」とコーヒーである。

Dsc_003909 懇親会では、台湾総会女性有志による台湾の踊り(回娘家)、台湾人二世によるサックスとピアノの演奏、台湾総会の男性陣による台湾民謡「望春風」、カラオケ、しかもカラオケでは郭仲熙副代表にも歌わせ?、会場が一体となって盛り上がった。

 最後のお楽しみ抽選会では、何とエバー航空と中華航空からの台湾往復航空チケットも用意された。
 結果、私は何故か新潟から来たのに新潟産コシヒカリ10kgが当たり、酒が飲めない妻は10年ものの紹興酒。今年、選挙イヤーの群馬県伊勢崎市議会・伊藤純子議員も商品ゲットした。

S__43819014

 最後に集合写真を撮影し、15時に関東一本締め(一丁締め)でお開きとなった。このような盛大な会を毎年行っている群馬県台湾総会の皆さんの結束力に、今年も驚くばかり。
 多謝。

 柏崎まで戻りつつ、途中、買い物や知人宅を訪問する。

Dsc_004310

 20時過ぎ、自宅に到着し、コンビニで購入したソーセージ、市販の蕎麦つゆを使った煮卵(漬け込み卵)、小粒納豆とめかぶの和え物、たまごサンドイッチ、ビール500ml3本で夕食。
 さすがに昼食を食べ過ぎたので、軽い夕食となった。

 食後から事務所で事務仕事。

 23時、熱めの風呂に入ったのち、週刊誌2誌を読む。

2018年2月24日 (土)

米海兵隊による救出劇、産経新聞の誤報

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、水菜サラダ、黒ニンニクの胡麻油漬け、もずくの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 8時過ぎ、某氏の車に乗せてもらい、長岡市に向かって移動。

 10時から某施設の会議室でフィルムコミッションに関する意見交換と資金調達に関する打ち合わせを行う。

 12時、施設近くのコンビニで購入した納豆巻き、ブリトー(ハム&チーズ)、サラダチキン(プレーン)、炭酸水で昼食。

 15時過ぎ、一旦、自宅に戻り、身支度をしたのち、市内某所での会議に出席する。

Dsc_0006 18時過ぎ、皮を剥いだ鶏胸肉、バナメイ海老、ワタリ蟹(バーレーン産)、人参、白菜、春菊、エリンギ、キャベツ、えのき、白菜、佐渡バターを入れた醤油ベースの寄せ鍋、小粒納豆と梅肉の和え物、母から石川県で買ってきた牡蠣を殻のまま焼いた焼き牡蠣、ビール500ml3本で夕食をとる。

Mef 昨年12月、本ブログでも紹介した米海兵隊員が交通事故の際に日本人を救出したという産経新聞の記事があったが、事実確認をしておらず、救出もしていない事が判明し、産経新聞が謝罪し、関係者を処分した。
 事実としては、海兵隊が確認したところ、現場で目撃した隊員の証言などから、「(曹長は)他の車両の運転手の安否を確認したが、救助行為はしていない」とのこと。
 先に紹介したブログ記事には追記をし、引用した記事が間違っていたことをお詫び申し上げたい。


平成30年2月18日『新潟日報』

事実確認せず事故記事執筆
産経新聞支局長を処分

 産経新聞は、昨年12月に沖縄県で起きた交通事故を報じた際、事実確認しないまま「米海兵隊員が日本人を救出した」との記事を掲載した問題について、執筆した高木桂一那覇支局長を出勤停止1ヵ月とするなど関係者の処分を16日付朝刊で公表した。高木氏は編集局付に異動した。
 小林毅取締役編集担当が減俸1ヵ月、東京編集局の乾正人執行役員編集局長が減給、ほかに記事の出稿に関わった編集局幹部ら5人をけん責とした。いずれも16日付。
 
産経新聞の検証記事によると、問題となった記事はネット上の情報などを基に米海兵隊へは取材したが、沖縄県警への取材を怠るなど事実関係を十分に確認しなかった。社内のチェックも不十分だった。
 インターネット配信した産経ニュースで、沖縄県内で発行されている新聞の琉球新報と沖縄タイムスが同様の報道をしなかったことを「報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」などと批判したことについても行きすぎた表現があったとして記事を削除し、両紙や読者に謝罪した。

2018年2月23日 (金)

柏崎市平成30年度施政方針
テロ対策のための自衛隊誘致を検討!

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、甘塩鮭、小松菜のおひたし、刻み生姜の醤油漬け、豆腐とえのきの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 シャワーを浴びたのち、9時過ぎ、市役所に移動するも、途中で緊急の電話や相談の方がお見えになり、40分ほど屋外での話し合い。

Dsc_0022 9時40分、10分の遅参となってしまったが、議会運営委員会に委員として出席する。話題は、先の議員倫理条例による審査請求についてであり、この事が地元新聞『柏崎日報』の記事になったのは、市役所4階にあるマスコミ各社用連絡ボックスに私、三井田が提出した旨の資料を入れたから、謝罪せよ、というものであった。
 事実としては、議員倫理条例による審査請求が議員3名から提出されたことを受け、そのコピーを5階の会派室からの帰りがてら、ついでに市役所4階にあるマスコミ各社用連絡ボックスに私が入れた。
 マスコミ各社用連絡ボックスは、これまでも慣例的に使っており、議会報告会の周知なども含めて活用してきたこともある。
 主な議論は以下の通り。

Q.議長への倫理請求など議会に係る恥ずかしいことであり、「決断と実行」会派として、説明、謝罪せよ。
A.(三井田)倫理請求はあくまで議員個人3名の申請なので、会派としての説明は筋が違う。

Q.4階の各記者用の連絡ボックスを使った経緯と謝罪文を出せ。どこのマスコミのボックスに文書を入れ、どこから後日回収したのか明確にしろ。
A.(三井田)これまで慣例として使ってきた(先般も某マスコミから頼まれた資料をここのボックスに入れた)が、もしルールがあり、それに明確に違反しているこということであれば、三井田個人として【連絡ボックスを使ったこと】を謝罪はする。しかし、それならルールを明確にしてほしい。議会報告会をはじめ、これまで慣例的に私を含め、他の議員も使っていた経緯もあり、ルールがないならここではっきりしてほしい。
 配布は、柏崎日報、柏新時報など5社以上だったと思うが、回収は他の議員したので、どこからどう回収したのかは、後ほど確認して報告する。

 本会議の開始時間10時を越える議論となったが、結果、会派代表者会議が開催されることになった。

Dsc_0024 10時20分から本会議に出席。
 まず最初に委員会審査を行った今年度の補正予算や条例改正などが採決となり、以下の通り、すべて可決した。

「議第8号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 県人事委員会の勧告を踏まえ、職員の給与を改正するための議案。

「議第9号  議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 一般職の給与の改正に伴い、議員の期末手当を改正するための議案。

「議第10号 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 一般職の給与の改正に伴い、特別職の期末手当を改正するための議案。

「議第11号 職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例の制定について」
 国家公務員退職手当法の改正に伴う支給水準の引き下げ及び雇用保険法の改正に伴う失業等給付の拡充等国家公務員に準じた改正を行うための議案。

「議第12号 組織・機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について」
 平成30年度の組織・機構改革に伴い、改正が必要となる関係条例の整理を行うための議案。

「議第13号 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 新たに鯨波小学校に児童クラブを設置するための議案。

「議第14号 公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 ガス事業の譲渡及び機構改革に伴いガス水道局の名称を変更すること、農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続することに伴い、両事業の事業計画を見直す等の改正をするための議案。

「議第15号 公共下水道受益者負担金に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続し、事業計画を見直したことに伴い、受益者の負担金及び工事負担金の改正をするための議案。

「議第1号 平成29年度一般会計補正予算(第12号)」
 総額10億8227.1万円の減額
・財政調整基金を12億円の取り崩し予定であったが、3億4308万円分とりやめ
・各種事業の精算
・柏崎U・Iターン情報プラザ運営事業 143.1万円
 フォンジェ内に移設
・インバウンド推進事業(多言語パンフレット制作事業負担金)100万円の減額
 新潟県内各地域との作成方針の違いから実施しないこととなった。
・特定空家等解体撤去工事 7000万円

「議第2号 平成29年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」
・実績に伴う各種補正や財源更生

「議第3号 平成29年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」
・実績に伴う各種補正や財源更生

「議第4号 平成29年度介護保険特別会計補正予算(第3号)」
・実績に伴う各種補正や財源更生

「議第5号 平成29年度ガス事業会計補正予算(第2号)」
・実績に伴う各種補正。
・職員給与費145万1千円を増額。

「議第6号 平成29年度水道事業会計補正予算(第2号)」
・実績に伴う各種補正、企業債支払利息確定に伴う他会計補助金の減額。
・谷根ダム電気計装設備改良工事の変更。
・赤坂山浄水場自家用発電機設備改良工事。

「議第7号 平成29年度下水道事業会計補正予算(第4号)」
・実績に伴う各種補正や人件費の増額。

 ここで市長から平成30年度施政方針となった。内容は以下の通り。

Dsc_0025

「平成30年度施政方針」(pdf形式)

 柏崎市議会議員となって以来、これまで我が柏崎への海上自衛隊誘致をずっと訴えてきたが、今年の施政方針には、初めて

 「テロ対策としての自衛隊配備などの可能性についても・・・」

の文言が盛り込まれた。

Usnc

 また何度か一般質問でも取り上げた番神の自然水族館、そして40代までも行うべきとしたひきこもり対策については、

 「番神海岸では、自然の岩場を活用した自然水族館として、海の生き物観察などの自然体験事業を実施します」

Adsc_002018

 「いわゆるひきこもりやひきこもり傾向にある方とその御家族に対し、様々な機関・団体が連携して包括的な支援を提供するため、『ひきこもり支援センター』も開設します」

170110_hiki

との事業が入った。

「議第16号 平成30年度一般会計予算」
 総額515億円。前年度当初比15億円(6.2%)の増。

・政策コンサルティング業務委託料 1030.4万円
・無料法律相談 64.8万円
 相談枠を増加
・市内私立大学学生募集支援事業補助金 500万円
・柏崎シティセールス推進事業 3412.1万円

・新庁舎建設移転プロジェクトマネジメント業務委託料 435.8万円
・新庁舎整備事業 8億431.4万円(工事管理委託料)
 うち地方債は1億4030万円
 <3か年事業>総額71億2711.9万円
  平成31年度 19億1416万円
  平成32年度 44億1212.3万円

・地球温暖化対策推進事業 109.2万円
・人権・同和教育事業 2.9万円
 → 部落解放同盟に講師依頼?
・NTTビルへの防災情報アンテナ設置 776.3万円
・生活困窮者自立支援事業 2339.1万円
・生活保護費 8億7314.3万円

・ひきこもり支援事業 437.9万円
・県立こども自然王国費 1億5365.1万円
・柏崎産米ブランド化推進事業 964.3万円
・職人フェア支援事業 250万円
・創業支援事業 724.7万円
・モーリエ駐車場経費 5599.6万円
・廃炉産業調査研究事業 45.7万円
・旧国民休養地管理運営事業 626.5万円
 → 閉鎖するための諸準備

・道の駅風の丘米山整備事業 3000万円
・インバウンド推進事業 450万円

・海の柏崎活性化事業 873.7万円
 番神自然水族館事業を含む

・海水浴場開場130周年事業 126.7万円
・道路修繕事業 3億460万円
・道路除排雪経費 1億1050.2万円
・道路新設改良事業 6億2866.3万円
・橋りょう修繕事業 2億6756万円

 原子力発電所があることによる財源は、柏崎市民の福祉や教育の場で活用されており、現実問題として無くてはならないものである。

<使用済み核燃料税>
 119万821kg分 5億7495.4万円

<電源立地地域対策等交付金>
原子力発電安全対策等交付金 1570万円
・広報調査等 1570万円
電源立地地域対策交付金 総額17億5403.5万円
・老人保護措置委託事業    9343.5円
・元気館管理運営費
  (子育て支援センター人件費)5000万円
・保育園運営事業(保健課人件費)5億7600万円
・元気館管理運営費
 (元気支援課人件費)  1億3000万円
・母子健康診査費      4500万円
・高齢者予防接種事業    5000万円
・除雪車購入市費事業    5600万円
・道路新設改良電源立地地域対策交付金事業
             6300万円
・河川改修電源立地地域対策交付金事業
             4000万円
・下水道事業会計繰出金  3000万円
・特別支援学級介助事業  3800万円
・学校管理運営費(小学校)4000万円
・学校管理運営費(中学校)4000万円
・小学校施設整備事業   2500万円
・中学校施設整備事業 1億4000万円
・文化会館管理運営費   5000万円
・給食業務運営経費  2億6000万円
・給食施設管理経費    1400万円

<県電源立地地域対策交付金>
電源立地地域対策交付金 総額3億8634.5万円
・消防署管理運営費(人件費)3億3634.5万円
・図書館施設管理費       500万円
・図書館管理運営費(人件費) 4500万円

<原子力発電施設立地市町村振興交付金>
            総額5億2002万円
・原子力防災対策職員給与費   2000万円
・市政協力費          5000万円
・コミュニティセンター整備事業 3500万円
・斎場施設整備事業       6500万円
・ごみ処理施設整備事業     1億円
・道路新設改良電源立地地域対策交付金事業
                1億円
・総合体育館整備事業  1億5002万円

<大規模発電用施設立地地域振興事業費県補助金>
大規模発電用施設立地地域振興事業費県補助金
           総額 1億5000万円
・地域コミュニティ活動推進事業 6000万円
・体育施設管理運営経費     9000万円

<諸収入>
 固定資産税などの関連収入多々あり

Dsc_0026 12時10分、休憩となったので、会派室に戻り、非常食用に買っておいた「カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード」1個で昼食をとる。
 昼食後に柏崎刈羽地域障害者自立支援協議会の「手形でアートチャレンジ募集!」に協力のため、に青色のポスターカラーで手形をとった。

180223_art

Dsc_0028

 13時から本会議が再開。午前中、途中となってしまった平成30年度一般会計予算の提案理由の説明から始まり、その後、以下の通り、各議案が提案された。

「議第17号 平成30年度国民健康保険事業特別会計予算」
・仕組みが県単位となったので、柏崎市の予算規模としては縮小17.2%減(直営も7.2%減)。今後は保険税率の引き下げを予定。

「議第18号 平成30年度後期高齢者医療特別会計予算」
・予算総額は9億6613.6万円

「議第19号 平成30年度介護保険特別会計予算」
・予算総額は92億8763.1万円。前年比で2億円以上の増。

「議第20号 平成30年度土地取得事業特別会計予算」
・予算総額は2億680万円

「議第21号 平成30年度墓園事業特別会計予算」
・予算総額は910万円

 15時から10分間の休憩をとったのち、引き続きの提案理由の説明。

「議第22号 平成30年度ガス事業清算特別会計予算」
・81億9970.4万円

「議第23号 平成30年度水道事業会計予算」
・収益的収入は31億4772.4万円、収益的支出30億3187.1万円
・資本的収入は15億7372.6万円、資本的支出は26億8651.9万円

「議第24号 平成30年度工業用水道事業会計予算」
・1社の利用であり、予算総額は1383.1万円

「議第25号 平成30年度下水道事業会計予算」
・<収益的>公共下水道事業利益40億944.7万円、農業集落排水事業収益12億9415.3万円
・<収益的>公共下水道事業費用38億7273.1万円、農業集落排水事業費用13億8160.3万円
・資本的収入は26億6144.3万円、資本的支出は46億5409万円

「議第26号 個人情報保護条例及び情報公開条例の一部を改正する条例の制定について」
 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律の改正に伴い、所要の改正を行うための議案。

「議第27号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 医師及び歯科医師に対し支給している地域手当を廃止し、新たに特殊勤務手当として医師手当を創設する等の改正を行うための議案。

「議第28号 手数料条例の一部を改正する条例の制定について」
 地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令が施行されることに伴う消防関係の手数料の改正、平成30年度から介護保険の居宅介護支援事業者の指定権限が県から市へ移譲されることに伴う事業者の指定手数料の新設、その他所要の改正を行うための議案。

「議第29号ガス事業清算金活用基金条例の制定について」
 平成30年度にガス事業が民営化されることに伴い、その清算剰余金を上下水道事業の経営安定に活用するための基金を設置するための議案。

「議第30号 公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 指定管理者の候補者の選定をより公正なものとするため、選定の審査基準を見直す等の改正を行うための議案。

「議第31号 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について」
 道路法施行令の一部改正により、道路占用料徴収条例が改正されることに伴い、同条例を準用して規定している使用料を改正する議案。

「議第32号 協働のまちづくり推進会議設置条例を廃止する条例の制定について」
 平成30年度から市民活動センターが指定管理者による管理運営を開始することに伴い、当該会議が市の附属機関として役割を終了したため、廃止する議案。

「議第33号 介護保険条例の一部を改正する条例の制定について」
 第7期介護保険事業計画の策定に伴い、計画期間である平成30年度から平成32年度までの第1号被保険者の介護保険料を改定するための議案。

「議第34号 国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度から国民健康保険の財政運営の責任主体が県となることに伴い、国民健康保険協議会に関する規定等に所要の改正を行う議案。

「議第35号 国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度から国民健康保険の財政運営の責任主体が県となることに伴う条文の一部改正及び国民健康保険税の税率改正を行うための議案。

「議第36号 国民健康保険給付等準備基金条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度から国民健康保険の財政運営の責任主体が県となることに伴い、保険給付に要する費用として当該基金の処分の必要性がなくなるため、国民健康保険事業に要する費用に不足が生じた場合の財源として処分できるよう目的を変更する等の改正を行うための議案。

「議第37号 後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 高齢者の医療の確保に関する法律の改正に伴い、後期高齢者医療保険の被保険者資格に関する条文について改正を行うための議案。

「議第38号 学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度に西山中学校に西山地区学校給食共同調理場を設置するための議案。

「議第39号 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について」
 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の制定により、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な推進に関する法律が一部改正されること等に伴い、所要の改正を行うための議案。

「議第40号 国民休養地設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について」
 平成29年度をもって柏崎国民休養地を廃止するための議案。

「議第41号 産業拠点強化を促進するための市税の特例に関する条例の制定について」
 県知事の認定を受けた地方活力向上地域業務整備計画に従って、本社機能等の移転又は拡充を行う企業等の事業者に対し、固定資産税の不均一課税を行うための議案。

「議第42号 工場立地法に基づく緑地面積率等に関する準則を定める条例の制定について」
 ものづくり産業の維持・発展及び市内企業の流出を防止するため、企業が設備投資しやすい環境整備の一つとして、工場立地法により設置が義務付けられている緑地等の面積率を緩和するための議案。

「議第43号 都市公園条例の一部を改正する条例の制定について」
 都市公園法及び同法施行令並びに道路法施行令の一部が改正されたことに伴い、所要の改正を行うための議案。

「議第44号 道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について」
 道路法施行令の一部改正に伴い、道路占用料を改正する議案。

「議第45号 市道路線の廃止について」
 一般国道8号柏崎バイパス工事に伴い発生する市道の再編を行うため、市道の廃止の議案。

「議第46号 市道路線の認定について」
 一般国道8号柏崎バイパス工事に伴い発生する市道の再編を行うため、市道の認定の議案。

Adsc_00294 15時50分に終了となり、10分間の休憩をとったのち、産業建設常任委員協議会に出席。議案の追加説明を求める項目をはじめ、平成30年度の行政視察の日程(平成30年7月2日~6日の間で調整)、(仮称)中小企業振興条例の今後の進め方、そして先日、私の方で提案した企業誘致に関する産業振興部との意見交換、柏崎ショッピングモールの対応、柏崎建設業協同組合との意見交換会について協議を行った。

 産業建設常任委員協議会終了後、会派室に戻って、諸雑務。

 17時40分、自宅に戻り、雪が溶けてでてきた自宅周辺のゴミなどを掃除する。

Adsc_00305 18時20分、アメリカ産の牛バラ肉、エリンギ、椎茸、人参、春菊、白滝、白菜を使ったすき焼き、小粒納豆と大根おろしの和え物、長芋の梅肉和え、ビール500ml3本で夕食をとる。
 すき焼きは関東風に割り下を作り、昨日の昼食で作った牛丼のつゆも投入。

 食後から事務所で緊急で依頼されたノートパソコンの修理を行う。使っていて急に電源が落ちるというもので、原因究明がやっかいである。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

2018年2月22日 (木)

総務常任委員会審査(どうする?道の駅風の丘米山)

 2時、就寝

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、豚味噌そぼろ、野沢菜、舞茸と玉葱の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市役所に移動し、会派室で諸雑務。

 10時15分から総務常任委員会の審査に傍聴出席する。今回は議会初日の本会議場で質疑を行った

Dsc_0002

・道の駅風の丘米山整備事業(風の丘米山再整備可能性調査業務委託料)の債務負担行為補正(平成30年度) 3000万円

が含まれているため、産業建設常任委員会の所管である産業振興部長、商業観光課長による説明も行われることなった。

*債務負担行為(このお金を将来に負担する約束のようなもの)の審査を行うのは総務常任委員会であるが、中身は産業建設常任委員会であり、今回の債務負担行為を認めると、新年度予算ででてくる3000万円に対して意見・反対する場がなくなってしまうため。

 道の駅風の丘米山については、これまで

平成25年 風の丘米山活用計画策定委託 199.5万円
受託者:株式会社アドハウスパブリック
内 容:集客力向上に向けた風の丘米山全体のイメージアップ戦略立案を目的に、現状を調査し課題を分析した上で、集客力向上に向けた施設コンセプトと各施設の利用法等が提案された。

平成26年度 道の駅風の丘米山基本設計業務委託  648万円
受託者:株式会社アドハウスパブリック
内 容:平成25年度に行った現状分析と構想を踏まえ、新たな施設整備に向けた具体的な土地利用計画と中核施設の簡易図面及び運営体制が提案された。

の費用を使っており、入札を不調に終わったものの

平成27年 道の駅風の丘米山詳細調査設計業務委託 1294万円

も、かつて計上されていた。
 今回の3000万円の債務負担行為に及ぶまでの経緯。


<道の駅風の丘米山の経過について>

昭和50年 自然休養村管理センター(米山山荘宿泊棟)竣工
昭和52年 農林漁業資料館(痴娯の家)竣工(→とんちん館→こどもの時代館)
平成7年 柏崎コレクションビレッジ三館(痴娯の家、黒船館、同一庵藍民芸館)開館
平成9年 「道の駅 風の丘米山」登録。米山山荘を駅舎として位置づけ
平成14年 農林漁業資料館がこどもの時代館として開館
平成25年 風の丘米山活用計画策定委託 199.5万円
平成26年 道の駅風の丘米山基本設計業務委託 648万円
平成26年10月31日 産業建設常任委員協議会への風の丘米山」活性化計画の経過報告
平成26年 上米山地区、米山地区両町内会に経過報告
平成27年3月9日 産業建設常任委員協議会への「風の丘米山」活性化計画の経過報告
平成27年3月13日 産業建設常任委員協議会への道の駅「風の丘米山」に関する過去の検討状況について報告
平成27年3月31日 米山山荘、施設の老朽化と経営難により閉館
平成27年4月1日 道の駅 風の丘米山 休止

平成27年4月28日 詳細調査業務委託入札。(不調)入札において一者辞退、一者予定価格に達せず入札者が一者となり打切り
平成27年6月4日 プロポーザル実施公告
平成27年7月2日 優秀提案なしと決定
平成27年10月23日 二役協議にて検討結果を報告し今後の方針を決定。
  市内企業を中心に参入企業を探す。以後、会社訪問実施

平成27年11月23日 こどもの時代館、施設の老朽化と経営難により閉館
平成28年2月 第四銀行からのサウンディング調査の提案
平成28年10月14日 風の丘米山の活用に関するサウンディング型市場調査開始
平成29年2月14日 提案のあった3社(かしわざき振興財団、大和リース、パシフィックコンサルタント)と対話を実施
平成29年4月28日 サウンディング提案をもとに市内及び三条市の事業者数社を訪問。出店を依頼
平成29年7月18日 事業者の参入辞退確定
平成29年12月18日 隣接事業者経営陣と道の駅の活性化について協議。
平成29年12月25日 二役協議。平成30年度予算で、ゼロ市債を活用して、調査業務をプロポーザル公募することに決定。


 今回の3000万円の風の丘米山再整備可能性調査業務委託に関しての私の質疑は以下の通り。

Q.今回の委託内容では、テナント(コレクション3館)の採算見込み、費用対効果を検討するとあるが、正直なところここまで求める場合の提案があるのか、あっても現実的なのか不安なところがある。目論見はどうか。私としては、とにかく集客力があれば、そのついでに寄ってもらえる程度、つまりコレクション3館自体が目的ではなく、ついでに観てもらえるぐらいで良いかと思うが、どのレベルを求めるのか。
A.コレクション3館とは直接対話をしており、存続の希望を聞いた。建物は市の所有物なので、状況によっては建物は別の目的に使うような提案があることは話してる。

Q.民間業者が活用できる案ならコンセプトは何でも良いのか。風の丘米山、海の柏崎というコンセプトでいくなら、例えば上海ガニと同じ種であるモクズ蟹が手づかみで獲って食べ放題の施設を併設するとか、コレクションビレッジを活かすのであれば、江戸、明治、大正、昭和の玩具や芸術品があるなら昭和から平成までの面白いコレクションを集めるなど、やり方は色々とあると思う。「こどもの時代館」は、昭和から平成までのおもちゃなどを揃えていた。何でもフリーにしてプロポーザルで提案してもらうのは実現性が低いのではないか。「海の柏崎、これに見合う提案をしてほしい」との条件を付けるべきではないか。制限のなかのアイデア募集にこそ活路が開ける。また、道の駅は、職員の皆さんも全国各地の道の駅に行ったことがあると思うが、日々の買い物型と観光型という括りではなくなっている。活気のある道の駅のキーポイントは日配品である。常に人の出入り、商品の出入りがあることが重要となる。
A.基本コンセプトは、「観光」をキーワードをしているが、基本的には「海の柏崎」を復活させたいということを考えている。道の駅では、調査結果から観光ベースの道の駅を考えている。ブルボンのアンテナショップなども検討材料したいと思っている。

Q.米山山荘とこどもの時代館が併設してあったとき、こどもの時代館の展示品整理や説明のために頻繁にあの地に行っていたが、観光客の苦情をよく聞いていた。トイレが汚い、分かりづらいなどである。そういったものは以前の調査でもでてきているが、私が本当に多く聞いた声は「せっかくの景色が見えない、楽しめない」であった。プロポーザルの条件に、福浦八景を活かすこと、などを入れるべきでないか。
A.当初は見晴らしが良かったことは聞いている。夕日のスポットとして、プロポーザルの中には入れさせてもらっている。

 この場はあくまで総務常任委員会であるため、さらなる質疑や討論、採決はできないが、ここまでお金をかけてきた柏崎西部の観光の玄関口・風の丘米山の再生にはもっと議論が必要である。

Dsc_0003 12時30分、一旦、自宅に戻り、牛バラ肉と玉葱を赤ワインと醤油、砂糖で煮込んだ牛煮込みを冷凍讃岐うどん1玉にかけ、半熟の煮卵、カニかまをのせた牛煮込みうどん、野沢菜、青汁で昼食をとる。
 台湾人の妻が甘めが好きなので、砂糖を多めに入れたため、紅生姜が必須であったが、冷蔵庫の中には無かった。

 午後から市内での打ち合わせや修理の終わったノートパソコンの納品などで市内をまわる。

 17時過ぎ、事務所に戻り、事務仕事。

Adsc_00213 18時20分、越後もち豚のモモ肉を使ったトンカツ、湯豆腐、小粒納豆と梅肉の和え物、ビール500ml本で夕食をとる。
 トンカツには、たっぷりの和辛子とオリバーソース「瀬戸内レモンとんかつソース」をかけたので、ビールにぴったりである。

 食後からも事務所で事務仕事。

 22時、熱めのシャワーを浴びたのち、22時30分からネットでの会議を行う。

2018年2月21日 (水)

産業建設常任委員会(やっと解体へ!諏訪町三丁目の廃ホテル)

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鯖の水煮、刻み生姜の醤油漬け、沢庵、豆腐と若布の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市役所に移動し、会派室で諸雑務。

Tdsc_00041 10時から産業建設常任委員会に委員として出席する。
 まずはガス水道局所管事項の審査からとなり、主な内容は以下の通り。

「議第5号 平成29年度ガス事業会計補正予算(第2号)」
・実績に伴う各種補正。
・職員給与費145万1千円を増額。

「議第6号 平成29年度水道事業会計補正予算(第2号)」
・実績に伴う各種補正、企業債支払利息確定に伴う他会計補助金の減額。
・谷根ダム電気計装設備改良工事の変更。
・赤坂山浄水場自家用発電機設備改良工事。

→自家用発電機建屋にアスベストが発見され、除去する経費として1千500万円増額
・人件費の増額。

Q.自家用発電機建屋のアスベストについて、少し細かいところを教えてほしい。
A.自家用発電機建屋壁面を工事する必要があり、調査したところ天井の吹き付け部分にアスベストが含まれていることが判明した。

Q.かつて公、市が保有するすべての建物にアスベストがあるかないか調査したと思うが、当時の調査では見つけられなかったのか。また他の建物に同様のことはないか。
A.当時も調査をしたが、すべての建物を調査を書類を含めて見つけることができなかった。今回の工事にあたり、実際のものを調査したことで判明した。他の施設は、ほとんどその後に改修しており、アスベストはないものと認識している。

「議第7号 平成29年度下水道事業会計補正予算(第4号)」
・実績に伴う各種補正や人件費の増額。

「議第14号 公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 ガス事業の譲渡及び機構改革に伴いガス水道局の名称を変更すること、農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続することに伴い、両事業の事業計画を見直す等の改正をするための議案。

「議第15号 公共下水道受益者負担金に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続し、事業計画を見直したことに伴い、受益者の負担金及び工事負担金の改正をするための議案。

 10時35分から都市整備部所管事項の審査。主な内容と質疑は以下の通り。

「議第1号 平成29年度一般会計補正予算(第12号)」
・特定空家等解体撤去工事 7000万円
 平成30年度予算を予定していたが、国の補正予算がついた(防災安全交付金除却タイプ、満額が見込める)ため、前倒しで実施。
 解体のための事前調査、外壁塗装のアスベスト除去、解体費、地域防災活性化に供する跡地利用のための費用。
 この建物は、昭和35年に建築されたものであり、57年を経過して危険な状態にある。中越沖地震の際にも、市費620万円、中越沖地震復興基金1700万円の計2320万円ほど使ってアスベスト除去をした。
 老朽化が著しく、建物のバランスが悪いことから多額の修繕費用が見込まれることから、代執行を決断した。

Tdsc_00193

Q.以前より地元の問題として危険な空き家として解体撤去を求めていたところであり、今回の前倒しでの着手はありがたい。地元の人間として感謝したい。確認だが、地域防災活性化に資するための土地利用というのは、取り壊し後に駐車場で良いのか。それとも何か防災施設を一部整備するのか。
A.申請中の内容は防災区域としており、利用の仕方は今後、町内会と検討をしていきたい(取り壊し後、10年間地域の防災に活用しなければならない条件付き)。

Q.予算の金額として出ていないものの、後学のために聞きたい。現在、防災・原子力課の方で津波に関する表示や看板などの事業が進んでいるが、個人的には橋梁や道路、各種施設の補修などの際に一緒に設置する事業をすれば、無駄も省けるかと考えるところ。そういった流れにはならないか。
→ 津波表示などは日本共通のピクトグラムなどが検討されている。
A.(部長)基本的には現状の回復、維持が都市整備部の予算執行の範囲。
A.(都市整備課長)防災関係の設置については、防災・原子力課から維持管理課に来る流れになっている。

 11時10分から産業振興部所管事項の審査。主な内容と質疑は以下の通り。

「議第1号 平成29年度一般会計補正予算(第12号)」
・柏崎U・Iターン情報プラザ事業 143.1万円
 駅前通りの柏崎U・Iターン情報プラザを今年度いっぱいで廃止、借上げ物件の原状回復に要する修繕料を措置。
 新年度からはその機能を市役所本庁に移転するとともに、フォンジェ内に出先窓口を開設するため、施設備品などの準備経費についても措置。

Q.駅前通りから市役所内に戻すということは分かった。しかし、フォンジェに設置するという窓口はどれぐらいの規模になるのか。フォンジェの支援策の一つになるのかどうかも気になっている。
A.フォンジェについては、市役所に来にくい方をつなぐといった意味合いで、多くの機能をもつのではなく、サテライト機能程度を考えている。

・企業振興・立地促進事業 299万8千円
 フロンティアパーク内で新たに操業を開始する企業に対して交付する企業立地促進助成金が、工事費の増加に伴い、既決予算に対して不足が見込まれるため追加。

Q.質問というか、確認になる。先日も何とか柏崎に次の工場を作ってもらえないか山形県の某市まで行ってきたが、電気料金の補助制度など魅力的ではある一方、現在立地している市での追加の補助措置が手厚いことや従業員の確保の関係で、柏崎は難しいとの回答があった。今回の訪問でも事前に担当課から資料を頂いて、先方に説明したものの、我々議員も誘致のために汗をかく以上、セールストークというか、アピールポイント、よくある質問と回答なども理解しておく必要があると考える。まずもって、そういった誘致のお願いに行く際のマニュアルというか、ノウハウは担当課内で共有しているか。
A.企業訪問やアンケートなどで得たものを蓄積して分析をしている。

Q.これは産業建設常任委員長にお願いになると思うが、我々議員も企業誘致・工場誘致に汗をかかなければならないので、是非とも担当課とセールスポイントなどを協議する場を設けてほしい。
A.(産業建設常任委員長)後ほど、産業建設常任委員協議会の場で諮りたい。

・インバウンド推進事業(多言語パンフレット制作事業負担金)100万円の減額
 新潟県内各地域との作成方針の違いから実施しないこととなった。

Q.新潟県全体としての多言語パンフレットを断念したのは分かったが、柏崎市としての多言語パンフレットはどうなっているのか。
A.現在は、昨年から検討協議をしている。ベースになるのは英語になると思われる。昨年はWiFiベースのものの評判が良かった。
Q.タイ王国などから日本に来る人はほとんどネットの情報なので、紙でのパンフレットは不要との議論もある。しかし、営業素材としての紙のパンフレットは意味があり、必要なもの。東京オリンピックもあるので、最低でも英語版は早急に作るべきではないか。
A.現在インバウンド協議会の事業で英語の作成をしている。ほぼ終盤まで来ている。それをもとに多言語へ展開したい。

 11時40分から産業建設常任委員協議会となり、「柏崎市第二次食の地産地消推進計画(案)」についての報告があった。

「柏崎市第二次食の地産地消推進計画(案)」(pdf形式)

・今後の目指すべき方向と施策
(1)安全・安心な農林水産物の生産振興
(2)食育の推進と農村地域伝統文化の継承
(3)食の地産地消の啓発と普及
(4)家庭・公共施設・飲食店等での地場産農林水産物の利用促進
(5)農林水産資源をいかした他産業との連携

「第一次食の地産地消推進計画との比較」(pdf形式)

 パブリックコメントも実施し、反映しており、年度内に決定したいとのことで、以下だけ意見を付けさせてもらった。

 また、先に提案した企業誘致・工場誘致に関する担当課との意見交換会の件も産業建設常任委員会として実施することに決定。

 12時15分から産業建設常任委員会となり、すべての議案が賛成多数で可決した。

 12時30分、会派室に戻り、所属会派「決断と実行」の緊急の会派会議に出席する。

Tdsc_00052 13時20分、自宅に戻り、頂きものの豚足の醤油煮込み、菜の花のサラダ、煮卵、刻み生姜の醤油漬け、野沢菜、ご飯、青汁で昼食。
 トロトロに煮込まれた豚足であり、ご飯というよりはビールを合わせたかった。

 食後から市内某所での打ち合わせに出席。

 17時、事務所に戻り、一般質問の質問項目を作るための資料を読み込む。

Adsc_0002

 18時20分、豚バラ肉を二度ほど茹でこぼしをして脂を抜いたもの、、バナメイ海老、ワタリ蟹(バーレーン産)、人参、白菜、アスパラ菜、春菊、エリンギ、えのき、竹輪、白菜の寄せ鍋、小粒納豆と大根おろしの和え物、野沢菜の古漬け、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後からも事務所で事務仕事。

 23時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

2018年2月20日 (火)

平成30年2月定例会(第1回会議)開会
初の議員倫理条例による審査請求

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、水菜サラダ、野沢菜、油揚げとえのきの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時、市役所に移動し、他会派議員と打ち合わせを行う。

Adsc_00073 10時から本会議、平成30年2月定例会議の開会初日となった。
 以下の通り、議案提案が行われ、道の駅風の丘米山の調査費用3000万円についてだけは、これまでの経緯(こどもの時代館を潰しておいて、それ以上の提案がないこと、調査費用の無駄遣い)から、質問を行った。

「議第8号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 県人事委員会の勧告を踏まえ、職員の給与を改正するための議案。

「議第9号  議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 一般職の給与の改正に伴い、議員の期末手当を改正するための議案。

「議第10号 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 一般職の給与の改正に伴い、特別職の期末手当を改正するための議案。

「議第11号 職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例の制定について」
 国家公務員退職手当法の改正に伴う支給水準の引き下げ及び雇用保険法の改正に伴う失業等給付の拡充等国家公務員に準じた改正を行うための議案。

「議第12号 組織・機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について」
 平成30年度の組織・機構改革に伴い、改正が必要となる関係条例の整理を行うための議案。

「議第13号 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 新たに鯨波小学校に児童クラブを設置するための議案。

「議第14号 公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 ガス事業の譲渡及び機構改革に伴いガス水道局の名称を変更すること、農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続することに伴い、両事業の事業計画を見直す等の改正をするための議案。

「議第15号 公共下水道受益者負担金に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続し、事業計画を見直したことに伴い、受益者の負担金及び工事負担金の改正をするための議案。

「議第1号 平成29年度一般会計補正予算(第12号)」
 総額10億8227.1万円の減額
・財政調整基金を12億円の取り崩し予定であったが、3億4308万円分とりやめ
・各種事業の精算
・柏崎U・Iターン情報プラザ運営事業 143.1万円
 フォンジェ内に移設
・インバウンド推進事業(多言語パンフレット制作事業負担金)100万円の減額
 新潟県内各地域との作成方針の違いから実施しないこととなった。
・特定空家等解体撤去工事 7000万円

 → 以前より市長への要望も行っていた諏訪町3丁目の物件

・道の駅風の丘米山整備事業(風の丘米山再整備可能性調査業務委託料)の債務負担行為補正(平成30年度) 3000万円

Q.道の駅風の丘米山については、平成27年の調査でもお金を使い、ドッグランなどの提案もあったが、結局、何にならかった。その後の調査結果を踏まえた上での資料を委員会審査の場で提供してもらいたい。土地の条件、ポテンシャル、ダメな部分も含めて整理したものをだしてもらわなければ、これまで使った税金は無駄である。これなら年間1万人の集客をしていた日本も珍しい施設である「こどもの時代館」を潰したのは、まったく意味がない。

Cimg7325

A.詳細な資料を委員会の場にて提示したい。

「議第2号 平成29年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」
・実績に伴う各種補正や財源更生

「議第3号 平成29年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」
・実績に伴う各種補正や財源更生

「議第4号 平成29年度介護保険特別会計補正予算(第3号)」
・実績に伴う各種補正や財源更生

「議第5号 平成29年度ガス事業会計補正予算(第2号)」
・実績に伴う各種補正。
・職員給与費145万1千円を増額。

「議第6号 平成29年度水道事業会計補正予算(第2号)」
・実績に伴う各種補正、企業債支払利息確定に伴う他会計補助金の減額。
・谷根ダム電気計装設備改良工事の変更。
・赤坂山浄水場自家用発電機設備改良工事。
→自家用発電機建屋にアスベストが発見され、除去する経費として1千500万円増額
・人件費の増額。

「議第7号 平成29年度下水道事業会計補正予算(第4号)」
・実績に伴う各種補正や人件費の増額。

 本会議終了後、議会報告会のチームごとの写真撮影や他会派議員との打ち合わせを行う。

Adsc_00126 12時30分、一旦、自宅に戻り、妻とともに「らぁ麺 てっぺん」(電話:0257-32-7678)に移動し、「鶏らぁ麺しょうゆ 670円」に「トッピング岩のり 100円」を追加して昼食をとる。
 このお店は消防団員サポートショップになっており、妻が女性消防団員なので団員証を見せて、煮たまごのサービスを頂戴した。こういった取り組みに賛同してもらえるお店は積極的に利用したい。

Adsc_00115

 食後、一旦、自宅に戻って、身支度をしたのち、打ち合わせや資料のお届けなどで市内をまわる。

 17時、事務所に戻り、事務仕事。

Dsc_0001 19時、青梗菜、白菜、アンガス牛のモモ肉を使った牛しゃぶしゃぶ、小粒納豆と梅肉の和え物、黒ニンニクの胡麻油漬け、野沢菜、ビール500ml3本で夕食をとる。
 安くなっていた輸入牛であったが、赤身であり、脂がほとんど無いのでタンパク質の補給にはもってこいの肉質であった。

 食後からも事務所で事務仕事。

 23時30分、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、月刊誌などを読む。

 本日、柏崎市議会議員倫理条例第8条1項の規定に基づく、審査請求が議会事務局に提出された。
 その請求内容は地元月刊誌『財界にいがた』でも報道された案件である。

Dsc_0031

→ 以前の議会運営委員会で加藤議長に問いただした際には一切、記事は読んでいないとの事であった。

 請求の根拠を再確認するなか、気付いてしまったが、自分で部会長として議員倫理条例を起案したものの議長、副議長は倫理違反するものと前提していなかった・・・・改正しなければならない。

2018年2月19日 (月)

新潟県が種子条例案を提出へ
柏崎市議会からの意見書は昨年12月

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、皮を剥いだ鶏胸肉の塩焼き、ほうれん草の胡麻和え、豆腐と舞茸の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後から事務所で議会関係の資料の読み込みや調査。

 10時過ぎ、市内某所に行き、新潟産業大学公立法人化に関する意見を交換する。何故か私一人が反対して新潟産業大学と附属高校を潰そうとしている、などとの話もあるようで、この問題を政治利用しようとする某勢力の低次元の動きに呆れる。

Adsc_00021 11時50分、自宅に戻ったものの、冷蔵庫に食材も無く、買い物に行く時間もなかったので、昨日のすき焼きの残りに小麦粉、卵を加えて焼いたすき焼きのお好み焼き?、野沢菜、低脂肪乳、ブルーベリー酢をかけたヨーグルトで昼食をとる。

 食後から納品やパソコンの使用方法のアシストなどで市内まわり。

 17時過ぎ、事務所に戻り、事務仕事。

Adsc_00042 18時30分、青梗菜、人参、豚挽肉と永谷園の秋冬限定商品「煮込みラーメン 担々麺風」を煮込み、最後に牛乳を追加して濃厚にした煮込み担々麺、皮を剥いだ鶏胸肉を使ったチキンカツ、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後から録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

 23時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、事務所で事務仕事。

 昨年の柏崎市議会平成29年12月定例会の際に私の方で起案し、結果、全会一致で可決した「主要農作物種子法廃止法施行に対する意見書」があった。

Ricet

 これは新潟県にも「これまで種子法を根拠として実施してきた施策が後退することがないよう、予算や人員を確保」を要求するものであったが、目出度くも本日から開会する新潟県議会に対応する条例が提出されることになった。
 新潟県議会の良識として、是非とも条例を可決したうえで、国にも種子の技術が国外に流出することがないように動いてもらいたいと思う。


平成30年2月17日『新潟日報』

県、種子条例案提出へ
2月県会
稲、麦、大豆 開発や供給を継続

 コメ、麦、大豆の3主要農作物について、国や都道府県の主導で種子を開発、供給することを定めた「主要農作物種子法(種子法)」が4月に廃止されることを踏まえ、県は19日開会の県議会2月定例会に、県が種子の開発、供給を続けることを定める条例案を提出する。法の廃止で、種子の供給への影響を不安視する農家の声に応えた。

 種子法は戦後の食糧増産のため1952年に制定され、国や都道府県が稲、麦、大豆の種子の開発、供給を主導すると定めた。県は特にコメで「コシヒカリBL」「新之助」など多くの品種を開発してきた。ただ、国は民間企業が参入しにくいとして、昨年の通常国会で法の廃止を決めた。
 廃止に対し、本県の農家からは「安価で優良な種子の開発、供給に影響が出る」との懸念が出ていた。このため県は、県の研究施設で種子の原種を生産し、生産団体に供給することなど、これまでと同様の役割を県が担う方針を決め、「県主要農作物種子条例」案を作成した。2月県会で可決されれば、4月1日から施行する。
 県農産園芸課の牛腸真吾課長は「コメの主産県として、従来通り種子の供給などに関わることを明確に規定したい。民間企業の参入を規制する意図はない」としている。
 種子法廃止への県の対応については、米山隆一知事が昨年の県議会12月定例会で「法の廃止後も、県が主体となって優良な種子を安定供給する体制を構築する」と述べていた。

2018年2月18日 (日)

政府方針、私立大学の「機能明確化」

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、ピーマンの油炒め、沢庵、もずくの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時30分、事務所に来客があり、市政に関する意見交換。

Dsc_0027 12時40分、ニンニクのみじん切りと唐辛子をオリーブオイルで香りがでるまで炒めたのち、人参、ピーマン、舞茸、えのき、椎茸、水菜、コンソメスープを入れ、少し長めに茹でた1.7ミリのスパゲティを入れて作った野菜ペペロンチーノ(半熟煮卵のせ)、低脂肪乳で昼食をとる。

 14時から依頼された資料のお届けなどで市内まわり。

 16時30分、事務所に戻り、事務仕事。

Dsc_0030 18時、アメリカ産牛バラ肉、白菜、春菊、えのき、長葱、白滝、人参、焼き豆腐で作ったすき焼き、黒豆煮、小粒納豆と大根おろしの和えもの、ビール500ml3本で夕食をとる。すき焼きは砂糖と醤油の方式ではなく、割り下(醤油4、みりん3、砂糖2、酒2、赤ワイン1の割合)を作って煮る方式にした。

 食後からも事務所で事務仕事。

 新潟産業大学を柏崎市の大学として公立法人化するのか否か、という大きな決断を現在迫られており、柏崎市としてはそのままでは難しいとの判断である。
 この判断も含めて、先日来、直接もしくは電話やメールで色々な意見や苦情?を頂戴している。

180218_nsu

 私が考える第一の点は、柏崎市の財政力で公立化を検討するタイミングは過ぎてしまったことである。

*もっと早くから議論していれば、アホな70億円もの市役所新庁舎建設、しかも東京五輪で人件費や資材が高騰している時期の建設は無かったであろう。

 前市長の時代から4年以上も「大学の在り方」などと言葉遊びをしながら、公立化を含めた検討に税金を使ってきたが、のらりくらりとして、結局は「やる」とも「やらない」とも言わず、政治決断をしなかった。
 第二に、私学である以上、まずは学生に魅力を感じて、選んでもらえる大学を先に追求すべきであり、公立化自体が学生に魅力ある(学費の面では多少)とは思えないところにある。
 全国の私立大学の約4割が定員割れをしており、政府も大学再編につなげる動きをはじめている。
 柏崎市の財政状況から現実的に公立化が難しい以上、国の流れに沿った夢ある大学改革をまず行うべきかと思う。


平成30年2月7日『産経新聞』

地方私大の機能明確化
政府 定員確保・再編も視野

 政府が、看板政策「人づくり革命」における「大学改革」の一環として、私立大学の「機能明確化」に向けた検討を始めることが6日、分かった。特に地方の私大に関し、地域の中核産業を支える人材育成といった特色を持たせ、県外などへアピールして学生を集めやすくする。
 
地域内で得意分野の異なる大学同士の統合・連携を進め、大学再編につなげる狙いもある。
 政府は8日の「人生100年時代構想会議」(議長・安倍晋三首相)で大学改革に向けた議論を本格的に始める。
 
私大の機能明確化に向け検討するのは、少子化が進み私大の約4割が定員割れになっている状況を改善するため。大学の特色の明確化に成功すれば学生にアピールしやすくなる。
 具体的には、先行している国立大の機能明確化のあり方などを参考にする。
 国立大に関して政府は(1)「卓越した教育研究」タイプ(2)「専門分野の優れた教育」タイプ(3)「地域貢献」タイプーの3つに分類。各大学のタイプに応じた改革や教育研究を審査し、交付金を増減している。
 大学改革の議論ではこのほか、大学の経営陣に企業などの外部人材を招くことなども検討する。

2018年2月17日 (土)

平成30年度自民党柏崎支部新春総会
祝!平昌五輪フィギュア男子:金・銀

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、甘塩鮭、黒ニンニクの胡麻油漬け、インスタントの具だくさん豚汁でご飯2杯の朝食をとる。

 シャワーを浴びたのち、事務所で事務仕事。

 10時過ぎ、市内某所に移動し、中央地区の買い物環境に関しての意見交換を行う。

Dsc_0017 11時50分、自宅に戻り、お泊りした姪っ子の分も含めて、4人分の昼食を作る。鶏挽肉、人参、ニンニクのみじん切りをラードで炒めたのち、卵、冷やご飯、干し納豆パウダー、鶏ガラスープ粉末を入れて作った鶏炒飯、自家製シナチク、低脂肪乳といった内容。

 食後、車での送り迎えや緊急の文書作成を頼まれたため、13時過ぎまで事務所と市内を行ったりきたり。

 13時30分、集合時間に30分ほど遅刻してしまったが、柏崎市産業文化会館に移動し、3階にて平成30年度自民党柏崎支部新春総会の準備を行う。

Dsc_0020 14時30分過ぎ、いつもなら開会30分前には多くの方が集まるところ、ほとんど来客がないので、周辺をみるとテレビのある2階で平昌オリンピックの男子フィギュアを観ている人が多くいらっしゃった。
 結果は、羽生結弦選手が2大会連続の金、宇野昌磨選手は銀と素晴らしいものであった。嬉しいニュースである。

 15時、開始の合図として、1964年の東京オリンピックで使われた今井光也作曲の「オリンピック東京大会ファンファーレ」を流したのち、平成30年度自民党柏崎支部新春総会の開会。

 今年も200名弱の方からお集まり頂き、総務会長として司会を担当した。
 今回、指摘しなかった私も悪いが、事前の準備で国旗と党旗の位置が逆になっていた・・・。

 国歌斉唱ののち、昨年から入れるようになった自民党歌「われら」(作詞:岩谷時子 作曲・編曲:山本直純)の1番。
 支部長による主催者挨拶のあとは、自民党・三富佳一県議会議員、柏崎市長からご挨拶を頂戴した。
 ご挨拶を頂戴しているなか、国旗と党旗が逆であることをいつ指摘されるか、内心冷や冷やであった。

Dsc_0022

 15時55分から祝宴の開始となったところで、悪天候のなか自民党・塚田一郎参議院議員、自民党・細田健一衆議院議員が会場に到着されたので、いきなりで申し訳なかったが、来賓祝辞を頂戴した。

Dsc_0023

 柏崎市議会議長による乾杯ののち、祝宴。司会なので、あまり多くのテーブルをまわることができなかったが、複数の方から原子力発電所の再稼働はもとより、次の世代のために柏崎に新幹線を通すよう努力してほしいとの声があった。

 17時25分、友党である公明党柏崎支部長による万歳三唱で終了。

 会場の片づけをしたのち、18時30分、自宅に戻る。

 熱めのシャワーを浴びて、酔いを醒ましたのち、事務所で事務仕事。

 23時から観たかった映画『のぼうの城』をDVDで観る。

2018年2月16日 (金)

安倍首相の伊勢神宮参拝に難癖をつける立憲民主党

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、筋子、ほうれん草の胡麻和え、ジャガイモと玉葱の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 8時40分、急遽の来客があり、新潟産業大学の公立法人化に関する意見交換。一部からは私が本ブログ上に資料を全部公開した事をはじめ、色々な苦情があるとの話であったが、議会に提出された資料であり、そして市民の税金を使う可能性がある案件なので、公開するのは当たり前。最後は、

 「次の(三井田の)選挙は厳しくなるんじゃないですか!」

とのお小言も頂戴したが、嫌われる事を恐れていては政治決断はできない。

 意見交換で時間がかかったため、遅刻となったが、10時20分、市役所に移動し、所属会派「決断と実行」の会派会議に出席する。

Cdsc_000513 12時20分、自宅に戻り、刻みニンニク、鶏挽肉、竹輪の輪切り、自家製のシナチク煮、人参を炒め、市販の醤油ラーメンスープを入れて煮込んだものを、しゃっきり茹でた中太中華麺にかけた野菜醤油ラーメン、低脂肪乳、ヨーグルトで昼食をとる。

 食後からフィルムコミッションに関する各種手続きのため、銀行や郵便局、支援頂ける方のご自宅などをまわる。

 柏崎郵便局では某保育園の生徒による「クレヨンしんちゃん」の塗り絵が飾ってあった。やはり、しんちゃんの黒目と白目の逆転の描き方は、子供たちにとって受け止め方がバラバラであることを実感。

Cdsc_000514

 手続きにかなり手間どり、中央地区コミュニティ振興協議会の月例役員会に間に合わず・・・。

 17時過ぎ、事務所に戻り、事務仕事。

Cdsc_000515 18時30分、皮を剥いだ鶏胸肉、バナメイ海老、ワタリ蟹(バーレーン産)、人参、白菜、鱈、エリンギ、キャベツ、えのき、白菜の寄せ鍋、ほうれん草の胡麻和え、小粒納豆となめ茸の和え物、白菜の浅漬け、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後からも事務所で事務仕事。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

Cimg2084 我が国の象徴は天皇陛下であり、内閣総理大臣をはじめ、閣僚は天皇陛下からの任命を受ける。
 そして、天皇陛下がご参拝されるのは神宮、つまり伊勢神宮。天照坐皇大御神が祀られており、まさに日本の原点とも言えるものである。それが故、歴代の内閣総理大臣も参拝している。

Cimg2080

 しかし、安倍総理憎しなのか、伊勢神宮を安倍総理が参拝したことを問題視し、憲法違反、不適切などと質問主意書を出したのが、立憲民主党の逢坂誠二衆院議員。
 私としては難癖つけているとしか思えず、自分の党である立憲民主党の最高顧問・菅直人元首相も首相在任中に伊勢神宮を参拝した(2011年1月4日)事を忘れているのであろうか。
 我が国の成り立ちをよく考えてほしいと思う。


平成30年1月31日『産経新聞』

首相の伊勢神宮参拝で政府答弁書「違憲」「不適切」にあたらず
立民・逢坂氏「伊勢神宮の活動助長、促進につながる」

 政府は30日の閣議で、安倍晋三首相が4日の三重・伊勢神宮参拝を無料通信アプリLINE(ライン)で発信したことに「それ自体宗教的意義をもつ行為ではなく、その効果が宗教に対する援助、助長、促進または圧迫、干渉などになるようなこともないことが明らかであることから、(政教分離をうたった)『憲法20条に反する』及び『不適切』との指摘は当たらない」とする答弁書を決定した。発信を「違憲」「不適切」とする立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。
 
逢坂氏は、首相官邸のLINEの公式アカウントによる発信は「伊勢神宮の活動に関する助長、促進につながるものと考える」「憲法20条に反するのではないか」などと主張した。
 逢坂氏は、歴代首相による伊勢神宮参拝は「社会通念上、国民に受容されていると考えているのか」とも問いただした。これに対し、政府答弁書は「首相が私人としての立場で行う伊勢神宮参拝については、政府として立ち入るべきものではないことから、お尋ねについてお答えすることは差し控えたい」とした。

2018年2月15日 (木)

中国政府、無印良品の地図に言いがかり

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、塩鯖焼き、粗挽きソーセージ、筋子、えのきと油揚げの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市内某所に移動し、柏崎フィルムコミッションについての打ち合わせ。

Cdsc_000511 11時50分、自宅に戻り、お土産で頂戴した創業明治23年の吉田麺業「無添加めん 名古屋あらこの里 きしめん半生」とピーマン、牛蒡、人参のかき揚げで昼食をとる。
 無添加の半生麺ということもあり、冷やしたきしめんにし、お約束の花かつお、おろし生姜で楽しんだ。

 13時、事務所に来客があり、相談を受ける。

 15時過ぎ、市役所に移動し、会派室で他会派の議員と意見交換。

 17時、事務所に戻り、打ち合わせ内容などのメモを作成する。

Cdsc_000512 18時、キャベツと鯖の水煮のコンソメスープ炊き、湯豆腐、皮を剥いだ鶏胸肉の醤油たれ焼き、小粒納豆となめ茸の和え物、ビール500ml3本で夕食。
 雪の下にあったキャベツをもらったので、コンビーフ缶詰ではなく、鯖缶で炊いてみたが、これも悪くない。

 食後からも事務所で事務仕事。

 22時、熱めのシャワーを浴びたのち、事務所で議会関係の資料を読み込む。

Senkakuuo 中国大陸に出店している「無印良品」の店舗が配布したカタログの地図に、中国政府が自国の領土としている沖縄県の尖閣諸島が掲載されていないとして、中国当局が指摘し、無印良品を展開する良品計画(本社・東京)が、そのカタログを廃棄した事件があった。
 大国と自ら言うわりには、やることがセコく小さいと思っていたら、中国政府の外務省自身が記者会見場での地図に尖閣諸島が掲載されていないことが分かった。
 先の台湾東部地震に対する日本の支援への言いがかりといい、先進国とは思えない。


平成30年2月2日『産経新聞』

中国外務省会見場
地図に「尖閣」なし

無印良品処分理由は”言いがかり”

 日本の良品計画(東京都)が運営する無印良品のカタログが中国当局から「地図に釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)が掲載されていない」などと指摘され廃棄処分を受けた問題で、この地図は縮尺が小さい世界地図で沖縄諸島なども掲載されておらず、中国側の主張には適さないことがわかった。中国外務省の会見場に設置された世界地図にも尖閣諸島どの記載はなく、事実上の”言いがかり”であることが浮き彫りとなった。
 中国の国家測量地理情報局は、中国が領有権を主張する尖閣諸島などが地図に記載されていないと主張。良品計画によると、地図は世界各地の無印良品の店舗数を示すのが目的で、日本のカタログに掲載した地図を中国語に翻訳したものだった。
 中国の地図管理条例は「社会に公開する地図」は行政部門の審査を受ける義務があると規定しているが、
中国外務省の会見場に設置されている世界地図には尖閣諸島や沖縄諸島などの記載がない。産経新聞が1日の会見でただしたところ、同省の華春瑩報道官は「技術的で専門的な問題は国家測量地理情報局に聞いてほしい」と述べるにとどめた。

2018年2月14日 (水)

柏崎市の決断は?全員協議会(新潟産業大学公立化、フォンジェ問題)

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、生姜の昆布漬け、黒ニンニク入り味噌、若布スープでご飯2杯の朝食をとる。

 10時、市役所に移動し、会派室で諸雑務。

Bdsc_00011 11時30分から緊急で開催された議会運営委員会に出席する。緊急で開催する理由は、本日の午後から行われる全員協議会について、FMピッカラが録音し、後日その全てを放送したいとの申し出があったことに対する協議という。

1.全員協議会の録音放送申し出について
→基本的に全員協議会は公開されており、インターネット中継もしており、テレビなどのメディアも録画している。何故、協議しなければならないのか理由が分からない。

Q.そもそも全員協議会は公開の場ではないのか。録音等についてもテレビなどのメディアは録画しており、わざわざ協議する理由が分からない。確認したいが、そのルールは明確にした方が良いのではないか?

と提案した結果、今後は公開されている全員協議会は申し出等がなくともメディアによる録音は良い(いちいち議会運営委員会に諮らない)ということになった。
 やはり開かれた議会に進むべきであり、議会運営委員会でその都度、協議するのは秘密会にしなけばならないなどの特殊事例に限るべきであろう。

2.諸般の報告について
 除雪専決処分、道路関係の除雪費2億円、公共施設除雪費1000万円を行う。

3.柏崎刈羽原子力発電所にかわる調査特別委員会・第3部の研修ついて
 以下の日程で開催予定。

日時:3月29日(木)午後1時30分
場所:市役所 大会議室(4階)
講師:新潟大学経済部准教授 藤堂史明先生
テーマ:原子力発電所と地域経済

 11時45分に終了となり、会派室に戻って諸雑務。

Bdsc_00022 12時10分、非常食用に買っておいた「カップヌードル ナイス 濃厚!クリーミーシーフード」2個で昼食をとる。
 178キロカロリーと低カロリーかつ、従来のカップヌードルに比べ脂質が半分、糖質が40%オフ、食物繊維レタス約4個分とのことであるが、1個ではもの足りず、結局2個食べてしまったので、あまり意味がない・・・。

Bdsc_00053 13時から全員協議会に出席する。冒頭、大雪による除雪の専決処分についての報告があったのち、以前、本ブログでも書いたように柏崎市として今年最初の大きな決断が必要となる2つの案件の報告があった。

1.除雪について
 朝方の除雪が遅れたことをお詫び申し上げる。1月15日段階で除雪費は4億円、2月1日に2回目の専決処分を行い、総額の除雪費は6億円。2月6日の3回目の大寒波もあり、各町内会に除排雪の文書を出した。2月13日にはバス路線すべてが復旧。市民の皆様から多くの苦情の電話があり、宿直職員だけではなく、担当課も出勤し、対応した。
 補正予算も含めた金額6億円も不足してきており、現実的には7、8億円かかる見通しであることから、
総額10億円を達する可能性がある。

2.新潟産業大学公立大学法人化の方向性について
 柏崎市から議会に提出された資料は以下の通り。

「学校経営方針」(pdf形式)

「revival vision(1)」(pdf形式)

「revival vision(2)」(pdf形式)

「revival vision(3)」(pdf形式)

「revival vision(4)」(pdf形式)

「revival plan(1)」(pdf形式)

「revival plan(2)」(pdf形式)

「環境分析」(pdf形式)

「新潟産業大学に対するこれまでの支援」(pdf形式)

 柏崎市としての判断は、このプランだけでは優位性があるとは感じ取ることができず、アクションプラン自体が平成30年度より先に送られる内容であり、改革実行、設備投資への財政計画がないとのことから、やはり新潟産業大学の公立大学法人化が難しいというもの。
 私も基本的に、提出されたものは現実的ではないプランであり、このままでは平成33年度には資金ショートとなることは目に見えていることから、公立大学法人化はできないと考える。
 老朽化してきた校舎の大規模改修、そして現在の教職員の退職金の精算もできない状況。
 そもそもでいえば、当時、学校法人の役員にもなっていた会田洋前市長が相談を受けてから4年以上経過しており、議論の先送りをした結果、選択肢が無くなったのである。
 のらりくらりと議論をかわし続け、政治決断を先送りしたことが、この結果を生んだ。

Q.これまでの経緯を含めた、今回の市長の判断に対する感想を述べたのち、今後の議論のための事実確認をお願いしたい。
 柏崎市議会議員となって14年目だが、この間に新潟産業大学については燕へのサテライト構想など議会でも色々な議論がでたことを思い出す。
 新潟産業大学の公立化について、いきなり話がでてきたのは平成26年12月定例会の「議第96号 平成26年度一般会計補正予算(第7号)」であり、補正予算として

・大学のあり方(新潟産業大学の公立化に対する)検討事業 94.4万円

として非常勤職員の人件費がでてきた。その時から私は大学側の公立化の議論と同時に何故、附属高校の話がでないのか不思議に思い、指摘してきた。そして市民の税金から、いち学校法人に対し(同じ柏崎市に新潟工科大学もあるなか)、新潟産業大学公立化の検討にお金をだしてきた以上、いち早く結論をだすべきとも、決算の時にも指摘した。いつまでも決断をせず、議会に諮ることもせず、税金だけを支出してきた。市民から見れば、平成26年度から新潟産業大学の公立化の検討に使ったお金、税金はどう生きたのか、ということになる。その意味では、今年度末で結論をだすという市長の判断は支持したい。あえていえば、ここまで約4年もの間、決断をしなかったゆえ、選択肢が狭まったと感じるところ。
 ここで当局に事実確認やデータを今後の議論のために求めたいのは、附属高校との関係はどうなるのか、ということである。これまで議会にでてきたのは、大学の生き残りだけのこと。附属高校はどうするのか。

A.(市長)補正予算は公立化を前提ではなく、あくまで検討であったと聞いている。高校存続に向けた場合の資料も先のコンサルタントの資料にもでてきているが、高校の存在は正直なところ、検討が進んでいなかった。残念ながら今回提出された資料には、単独で高校が存続していくような根拠がなく、大学側の判断を注視したい。

3.株式会社柏崎ショッピングモールの支援対応について
 柏崎市から議会に提出された資料は以下の通り。

「株式会社柏崎ショッピングモールに対する追加支援について」(pdf形式)

「報第30号 株式会社柏崎ショッピングモール経営状況報告書」(pdf形式)

株式会社柏崎ショッピングモールに対する市の財政支援負担」(pdf形式)

Adsc_000111

 平成29年4月末で、長期債務額が6億1330万円となっている。
 柏崎市から(1)駐車場棟の買取り3億6000万円(固定資産評価で2億5600万円、大手不動産査定では8000万円)、(2)ショッピング棟2階の借受け(5000万円~7000万円)の追加支援をしてもらえないか、というもの。
*現状の支援額は、約3500万円。
 市長としては、(1)は修繕等で1億6000万円かかることが分かっており、土地所有者との交渉などもあり困難と判断、(2)に関しては存続のための賃料が設定されており、その支援をした場合には柏崎市からの支援は年1億円近くになるので、同様に困難と判断した、とのこと。
 そして、従来の支援は続けるという。

 民事再生後に5億円以上の支援を行ってきた経緯もあり、市民からの合意を得られるかどうか、という点も議論になろうが、私としては中央地区のお年寄りなど交通弱者の買い物の場として重要であり、何とか活かしたい。
 ここで市長への質問をしようと思ったが、やはり中央地区のまちづくりという大きな視点も入れたうえで、一般質問で取り上げたいと思う。

 15時40分に終了となり、その後、会派室で今回の大きな2件についての会派会議。

 16時30分、事務所に戻り、今日の資料を改めて読み込む。

Bdsc_00126 18時40分、酢豚、昆布ベースの出汁のおでん(大根、牛蒡巻き、卵、薩摩揚げ、竹輪、こんにゃく、人参)、小粒納豆と梅肉の和え物、アスパラ菜(オータムポエム)のお浸し、ビール500ml3本で夕食をとる。
 食事中、新潟産業大学の公立法人化に関する問い合わせの電話があり、その後も2件続いた。

 電話での説明や資料をFAX、メールなどで送ったのち、22時、熱めの風呂に入る。

 24時、事務所で事務仕事。

2018年2月13日 (火)

山形県米沢市にて工場進出に関する意見交換

 本が面白く夜更かしをしてしまい、3時、就寝。

Adsc_0001 6時30分に起床し、7時30分、ホテル1階でビュッフェ形式の朝食をとる。有機野菜のサラダ(トマトドレッシング)、マカロニサラダ、山形名物のいも煮、温泉卵2個、地元・山形市の創業明治19年矢萩食品「はと納豆」、チーズインハンバーグ、スパゲッティ・ナポリタン、粗挽きソーセージ、高菜油炒め、焼き海苔、ご飯2杯ですっかり満腹になった。
 これまで泊まったスーパーホテルでは、納豆は秋田県のヤマダフーズのOEM「スーパーホテル納豆」しかなかったが、ここでは地元の「はと納豆」と2種類を置いている。素晴らしい。食事の内容も含め、これまで泊まったスーパーホテルのなかでは3本指に入る。

 8時30分にチェックアウトし、某氏の車に乗せてもらい、山形県米沢市に向かう。

 山形県内は史上最大とも言える積雪のようであり、かなり寒い。

Img_1892 10時、米沢八幡原中核工業団地にある某社に行き、社長をはじめ、社員の皆さんに新潟土産をお渡しする。
 社長、経理部長と約1時間に渡って、販路拡大と今後の新規工場について、柏崎市の優遇制度の説明や意見交換。

 米沢市では、首都圏から新幹線で2時間以内の好立地であること(だからこそ、我が新潟県も縦貫鉄道を!)、そして土地代金の30%、50%、70%相当額など最大2億円を助成することが目玉となっているため、正直なところ、柏崎市の電気料金40%引きがあっても次の工場をすぐに、というわけにはいかないという。

Img_1899

Img_1922_2 また、最大のハードルは働く人の人材確保であり、また働く人への行政サービスがしっかりしていることを求めているとのこと。
 何が柏崎市に足りないのかも含めて、今回の件を担当課に戻したうえで、後日、産業建設常任委員会の場で議論したいと思う。
 工場誘致は1回でまとまるような話ではないため、まずは人脈や種をまく必要があり、引き続き取り組みたい。

 某氏の車で米沢駅まで送ってもらい、12時38分の山形新幹線「つばさ140号」に乗り込む。大雪のため、運休の可能性もあったが、何とか乗ることができた。
 途中、駅構内で購入した地元の米「つや姫」を使ったおにぎり2個(米沢牛そぼろ、おかか)、玉こんにゃく、野菜ジュースで昼食をとる。「つや姫」は、確かに美味い。

 14時22分に大宮駅に到着し、40分ほどの待ち合わせをして、上越新幹線「Maxとき325号」に乗り換え。

 16時25分、長岡駅に到着し、駐車しておいた愛車に乗り込み、柏崎に向かう。再びの大雪と言われていたが、思ったほどに積雪が少なくて安心。

 17時過ぎ、自宅に一旦、戻り、資料などを用意したのち、大雪で予定が変わった打ち合わせのため、新潟市に移動する。

 19時から新潟市の某社にて、貿易に係る打ち合わせ。途中、差し入れで頂戴した幕の内弁当とお茶で夕食をとる。

 22時30分、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びる。

 23時過ぎからビールを飲みつつ、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

2018年2月12日 (月)

大雪の中の山形県への移動、羽越新幹線構想の必要性を実感

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、甘塩鮭、ジャガイモとピーマンの油炒め、生姜昆布漬け、ニラと卵の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後、シャワーを浴びたのち、郵便局などで雑務を済ませる。

 9時20分、本来であれば、山形県山形市に移動するため、在来線で移動する予定であったが、大雪のため運転を見合わているとのことで、長岡駅まで愛車で移動し、駐車場に入れる。
 在来線と新幹線での大宮経由では、運賃はかなり違っており、財布的には痛いが仕方がない。

 上越新幹線も大幅にダイヤが乱れており、11時4分発の上越新幹線「とき358号」も遅れがでていた。
 途中、駅の売店で購入したたまごサンドイッチ、魚肉ソーセージ、牛乳、野菜ジュースで昼食。

 13時近く大宮駅に到着し、遅延がでていたものの、東北新幹線・山形新幹線「つばさ141号」に乗る事ができた。
 新潟県のお隣である山形県に移動するために、上越新幹線を使って群馬県、埼玉県を通るのは非効率であり、改めて羽越新幹線構想の必要性を実感した。

 これまでも議会での一般質問をはじめ(直近では平成29年12月定例会議)、ことあるごとに羽越新幹線構想の実現について発言してきた。

Ouuetsu

 昨年、山形県の呼びかけで、我が新潟県を含む沿線6県で羽越、奥羽両新幹線のフル規格での整備を目指すプロジェクトチーム(PT)が設立。
 以前にも本ブログに書いたように、本来であれば、我が新潟県が呼びかけるべきであったと思う。
 つまり、北陸新幹線、上越新幹線が整備され、あとは上越-柏崎-長岡間さえつなげば、新潟県縦貫高速鉄道網ができ、かつ羽越新幹線構想の実現に大きな一歩となる。

 現実的には、柏崎市が会田市長時代にミニ新幹線構想の旗を下げてしまったため、そもそもの上越-柏崎-長岡間の新幹線構想も吹っ飛んだ・・・。
 これでは運命共同体ともいえる上越(直江津、柿崎地区)も沈んでしまう。

Edsc_00077

 加えて言えば、昨年に「決断を先送りすることを決断した」新潟空港の活性化、利活用のための新幹線乗り入れも、羽越新幹線構想とセットで議論されるべきものと考える。
 これらは新潟県だけのためではなく、日本海側の主要都市のためにもなり、また日本のバックアップ機能(太平洋側に大きな災害がでた場合)にもなりうる。

 しかし、柏崎市民全体としての認知、必要性が理解されているかといえば、厳しいものがある。私としても、これからも周知活動に努力したい。

 17時過ぎ、山形県の山形駅に到着。工場誘致などに詳しい企業コンサルタントの方を含めての会食予定であったが、大雪でキャンセルになってしまったので、駅周辺を散策する。

 山形駅周辺のスーパーで市販納豆の調査をしたのち、18時40分、宿泊先のスーパーホテル山形駅西口天然温泉にチェックイン。
 山形県寒河江市の「高田温泉」からタンクローリーで運んできているというナトリウム塩化物温泉がホテル内にあるため、まずは冷え切った体を温泉で温める。

Dsc_0001 19時40分、ホテルの部屋にて、スーパーで購入した「マックスバリュ特製のり弁 398円」に地元・山形市の創業明治19年矢萩食品「はと納豆」、長井市のやまぜん「小粒納豆」、18品目野菜サラダ、スモークチーズ、ビール500ml3本で夕食をとる。
 のり弁をつつきながらビールを飲むのは、中年男の哀愁の味?である。

 食後から持参してきたノートパソコン(ThinkPad X61,SSD,SXGA+化,LEDバックライト化)で事務仕事やネットでの会議を行う。

 23時30分、もう一度、温泉に入ったのち、読書。

2018年2月11日 (日)

柏崎市長表敬訪問『炎の天狐トチオンガーセブン』
ヒロイン役は小川麻琴さん!

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、セロリの醤油漬け、ほうれん草と油揚げの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 シャワーを浴びたのち、8時50分、市役所に移動。

 9時過ぎ、『炎の天狐トチオンガーセブン』、この度設立した柏崎フィルムコミッション関係者、えちゴン、そして『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編のヒロイン役をお願いすることになった元モーニング娘。メンバーで「かしわざき大使」の小川麻琴さんと合流し、事前の打ち合わせを行う。

 10時、『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編に関しての櫻井市長への表敬訪問のため、市長応接室に移動。
 まずは、市長応接室に入ろうとするも、顔がつっかえるという「お約束」をするえちゴンが素晴らしい。

Img_1845

 櫻井市長に対して、まずは大人のお作法?で名刺交換。

Img_1847

 その後、これまでのトチオンガーセブンの活動、昨年末に成立したトチオンガーセブン柏崎ロケ・プロジェクトのクラウドファンディングの報告をし、トチオンガーセブンからは今回の意気込みを、周りが心配するほどアツく語ってもらった。

Img_1855

「配布資料(経緯と今後の予定)(pdf形式)

「配布資料(トチオンガーセブンの実績)」(pdf形式)

Img_1859

 また、今回のヒロイン役をお願いすることになった元モーニング娘。メンバーで「かしわざき大使」の小川麻琴さんからも柏崎への想いもお話し頂いた。

Img_1854
*『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編に出演するえちゴンも同席。市長の秘書K嬢が気を使ってお茶を用意するも、「インストール」できない!の図。

 市長への表敬訪問ののち、市役所5階にて制作発表の記者会見を行い、地元マスコミをはじめとする数社との質疑応答を行った。

Img_1863

 実際の柏崎ロケは当初予定から遅くなり、今年4月。何とか編集を間に合わせえんま市までには完成させたいという流れである。
 映画にも耐えうる素材となるよう、追加でかかる100万円ほどの資金もさらに集めなければならない。
 私としては、それ以上に特撮ヒーロー番組のレジェンド俳優との出演交渉が大きな仕事である。
 柏崎編だけにレジェンド俳優の出演してもらえれば、ローカルヒーロー、いや特撮業界全体も驚く。特撮業界の歴史に残るようなキャスティングに挑戦してみたい。

「君は自分の手で
  歴史の歯車を回してみたいとは
           思わないのか?」

シャア・アズナブル
 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3 暁の蜂起』より

 12時40分、妻と「やぶ」(電話:0257-22-3482)に行き、「五目中華 800円」を「大盛り +120円」にして昼食をとる。

Rdsc_00062

 14時から打ち合わせやイベント関係の手伝いのため、市内まわり。

Dsc_0009 16時過ぎ、「割烹 乃佐和」(電話:0257-22-4177)に移動し、日本会議柏崎支部主催の「第3回 建国記念の日 奉祝の集い」の直会から出席させてもらう。
 → 最近の活動「反原発派への意見広告」
 業種など関係なく20名以上の方がお集まりになっての会なので、それぞれアピールの場も用意されたので、『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編への協力の依頼をさせてもらった。
 ありがたいことに1口5000円の出資への賛同も頂戴した。

 18時、仕事があるので、申し訳なくも中座させてもらい、事務所に戻る。緊急で依頼されたノートパソコンの修理(液晶割れ&インバーターの故障)や資料の作成。

 23時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、引き続き、事務所で資料作成や説明資料を読み込む。

2018年2月10日 (土)

中国の度量の狭さ、台湾東部地震
『柏新時報』一面でトチオンガーセブン柏崎編紹介

 なかなか仕事が終わらず、結局、徹夜。
 テレビのニュース番組で、北朝鮮楽団が韓国で公演をしているシーンが多く流れ、その大半が北朝鮮のお約束の歌「お会いできてうれしいです(반갑습니다)」なので、

 「パ~ンガ~ム、スミダー」

が徹夜明けの頭の中でリフレインしている。洗脳されたのだろうか。

 7時、大粒納豆、塩鯖焼き、生姜昆布漬け、たらこと糸こんにゃくの煮物、若布と豆腐の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市役所に移動し、会派室で諸雑務。

 11時から資料のお届けや排雪の手伝いで市内をまわる。

Bdsc_00022 13時30分、自宅に戻り、大量のニンニクのみじん切り、玉葱、刻んだイカ下足、唐辛子をオリーブオイルで炒めたのち、コンソメスープ、少し長めに茹でた1.7ミリのスパゲティを入れて作ったイカニンニク・スパゲティ、水菜サラダ、低脂肪乳で昼食。

 食後から事務所で明日の市長への表敬訪問や記者会見用の資料を作る。

 郵便で届いた平成30年2月9日付『柏新時報』の一面に、トチオンガーセブン柏崎ロケの紹介記事が掲載された。
 明日の市長表敬訪問をはじめ、とにかく盛り上げていかなければならない。

Bdsc_00011

Rdsc_00021 18時30分、皮を剥いだ鶏胸肉、バナメイ海老、ワタリ蟹(バーレーン産)、人参、白菜、鱈、エリンギ、キャベツ、えのきの水炊き、きんぴらごぼう、玉子豆腐、ビール500ml3本で夕食をとる。
 野菜の値段が高いので、タンパク質多めの水炊きになってしまった。

 急ぎの締め切りがある仕事があらかた終わったので、食後から観たかったDVDやテレビ番組を一気に観る。

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V」第5話「激突 ルウム会戦」をやっと観ることができた。やはり軍人としてはランバ・ラルの生き方が理想である。

 23時、シャワーを浴びたのち、就寝。

 台湾の東部で発生した大地震に対し、中国からの救援隊派遣の申し出を台湾側が断り、日本への支援を求めたことをはじめ、中国は親密な日台関係が気に食わないのであろう、台湾政府の頭越しに花蓮県の県長(日本の知事に相当)に直接、連絡をとっているという。
 日本の新幹線をパクった中国製新幹線で事故を起こしても、まだ生きている自国民ごと埋めるのが中国。
 災害救助の技術支援を災害大国・日本に求めるのは当然の流れであり、自国民を埋めても平気な国に頼まないのは当たり前である。


平成30年2月10日『産経新聞』

台湾、地震めぐり日中差
救援 中国「謝絶」、日本は受け入れ

 台湾の蔡英文政権が東部地震への海外からの支援をめぐり、日本と中国への対応に温度差を見せている。中国からの救援隊派遣の申し出を「謝絶」する一方、日本からは専門家チームを受け入れ、首脳間でもやりとりが行われた。中国当局は蔡政権の頭越しに被災地の花蓮県長(知事)と連絡を取り台湾世論の分断を図っている。
 日本政府は8日、安倍晋三首相の見舞い文を窓口機関を通じ台湾に伝達した。首相官邸がサイトで公表した文面は当初、あて先が「蔡英文総統閣下」と肩書・敬称付きで表記され、台湾側は「1972年の断交以来」(研究者)と評価。その後、あて先は削除されたが、首相が「台湾加油(がんばれ)」と揮毫した写真が新聞1面に掲載されるなど好感されている。また、台北訪問中の俳優、阿部寛さんが1千万円の寄付を申し出たことも大きく報道された。
 首相の見舞い文に対し、蔡氏は8日に花蓮の避難所を視察した際にも「安倍首相に感謝する」と表明した。
 
一方、中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の張志軍主任は地震発生翌日の7日午前、花蓮県の県長に直接電話をし、「両岸(中台)の同胞の血は水よりも濃い」と救援隊の派遣を申し出た。県長はかつて中国国民党に所属。中国当局は、蔡政権発足後も、花蓮など国民党系の8県・市には観光や農産品購入で優遇政策を取っている。総統府は日本チーム受け入れの理由は「台湾より高性能な生命探知機があり例外だ」と説明した。

2018年2月 9日 (金)

「電力は、国力」日本会議柏崎支部から反原発派への意見広告

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、生姜の味噌漬け、蜆の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎから電話をもらった排雪が必要な現場の確認や除雪の苦情などを聞くために市内をまわる。
 自分の車も雪にハマりそうである。

Adsc_00021 12時30分、自宅に戻り、大量の刻みニンニク、卵、冷やご飯を鶏油で炒め、桜海老と干し納豆パウダーで味付けをしたガーリック炒飯、セロリの浅漬け、若布スープ、低脂肪乳で昼食。
 完全に体が冷えているので、黒胡椒を多めに入れた若布スープが体に染み込むように入る。

 14時、事務所に来客。

 その後、事務所で依頼された資料や議事メモをまとめる。

Adsc_00032 18時20分、皮を剥いだ鶏胸肉、ジャガイモ、玉葱、人参を使ったクリームシチュー、近所の某肉屋さんの鶏モモ焼き、きんぴら牛蒡、小粒納豆と梅肉の和え物、ビール500ml3本で夕食を取る。
 クリームシチューにはパルメザンチーズを入れて濃厚さをだし、隠し味に再仕込み醤油をひとたらし。

 食後からも事務所で事務仕事。

 23時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、引き続き事務所で資料や依頼文書、プレゼンテーション資料の作成を行う。

 本日付けの地元新聞『柏崎日報』紙上に、日本会議柏崎支部として

 「電力は、国力」

と銘打った意見広告が掲載された。

Dsc_0001

 

昨年11月の三橋貴明氏講演「原発ゼロの真実」をベースにした意見であるが、私も同感。
 是非とも理性的に議論してみたいものである。


脱原発の定義は??→
全国の原発を全て停止し、そのまま「永遠に」再稼働しない

「脱原発」の定義を実現するには、 少なくとも3つの越えなければならない ハードルが存在する

(1)原発を停止した結果、貿易赤字が拡大し、かつ天然ガスの中東依存が高まっている。(87.8%もの化石燃料の依存の内、約80%が中東から)
 ホルムズ海峡封鎖、中国の覇権主義による南シナ海紛争等の事態になると、日本の電力供給は数か月程度しかもたない。この「喫緊」の課題にどのように対処するのか?

→安全保障の強化が必要

(2)原発を再稼働しない場合、代替のエネルギー供給はどうなるのか。
 太陽光や風力といった不安定な電力供給では話にならない。(太陽光が12%、風力発電が20%の稼働率でしかない。)「安定的」に電力を供給できる新ェネルギーや、蓄電技術などへの莫大な投資が必要になる。

→未来のエネルギーであり、現在は使用困難

(3)すでに存在している17000トンの使用済み核燃料を どのように処理するのか?
 使用済み燃料を再処理することでウラン酸化物及びウラ ン・プルトニウム混合酸化物→これはMOX燃料になる。
 これはプルサーマルやフルMOXの原発で燃料として 使用可能。国際公約上、日本は余剰プルトニウムを持たないことになっているため、使用せざるを得ない。
 高レベル放射性廃棄物→プルトニウムを除去した後の廃棄物であり、ガラス固体化し、最終処分(地下300メートルに埋めてしまう。地層処分)をすることができる。
 再処理をすることにより最終処分する高レベル放射性 廃棄物の体積をおよそ三分のーに圧縮することも可能。

今、日本の電力エネルギーに直面する3つの深刻な課題に対して、それでも「原発ゼロ」を訴える反原発派への6つの質問

(1)原発を再稼働していないとして、日本の安定電源を如何に確保するのか?

(2)使用済み核燃料の再処理や最終処分はどうするのか?

(3)廃炉技術等の技術開発はどうするのか?

(4)日本のエネルギーミックスが火力発電に極端に偏っているが、これは構わないのか?
(ドイツ、スペインでは再生エネルギー固定価額買取制度は破綻を来たしている)

(5)如何なる事態が起きても日本の電力サービスを停めないという意味のエネルギー安全保障をどのように確立するのか?
(日本の工ネルギー自給率はわずか6%。ガスで2週問、石油は6ケ月の備蓄しかない)

(6)国際的な温室効果ガスの削減を取り決めたCOP21パリ協定(2030年度達成目標数値は2013年度比26%減)はどのようなプロセスでクリアするのか?

 上記に全て論理的に答えてくれるのであれば、反原発の活動は正当化される。
 一つでも答えられないのであれば、単なる「無責任」である。

2018年2月 8日 (木)

台湾・花蓮市の大地震、安倍首相が激励

 1時に起床し、雪が舞うなかの露天風呂を楽しむ。

 3時から仮眠。

 6時に起床し、早朝の爽やかな太陽の光のなか、露天風呂に入る。温泉でゆっくりできず、ついつい何回も風呂に入ってしまうのは貧乏性だからであろうか。

Adsc_002112

Bdsc_00021 身支度をしたのち、7時30分、ホテル2階のレストランでビュッフェ形式の朝食をとる。
 小粒納豆、湯豆腐、生姜昆布漬け、生野菜サラダ(ごまドレッシング)、塩鯖、オムレツ、粗挽きソーセージ、ひじき煮、昭和っぽいプレスハム、マカロニサラダ、キャベツと油揚げの炒めもの、昆布の佃煮、蓮根煮、梅干し、味噌汁、牛乳、ご飯といった内容。ご飯は係りの方がよそってくれたが、こちらが何も言わないのに、

 「はい、大盛りですねー」

とお気遣い?を頂いた。本当は、ここのご飯の味が少し・・・なので、ご飯を軽めにし、トーストを追加で考えていたが、大盛りご飯を食べることになった。

 トイレで用を足してから、8時20分、ホテルをチェックアウト。大人数での利用を予定したホテルの男子トイレであったが、同時に使えない小便器の配置など設計が少しおかしい。

Bdsc_00032

 帰路の途中で、せっかくなので群馬土産を数点購入。お約束の「上毛かるたせんべい」も購入。

Bdsc_00043

 草津温泉は「く」で

 草津よいとこ 薬の温泉(いでゆ)

となっている。

 今日11時30分からの自民党柏崎支部役員会に出席するため、急いで運転していたが、この大雪で各地域で除雪車での除雪や事故車両の渋滞に巻き込まれ、柏崎市内に入ったのが、13時過ぎ。
 また一車線分しか除雪されていない道では、大型トラックが無理にすれ違いをしたため、運転席側のドアやピラーに深い傷がついてしまった。相手は通り過ぎて行ってしまったので、完全に泣き寝入りである。

Bdsc_00085 会議にも出席できず、昼食をとる時間もなかったので、13時20分、「中華そば 幸楽苑 柏崎店」 (電話:0257-20-6021)に入り、 「尾道らーめん半チャーハンセット 873円」で昼食をとる。
 尾道ラーメンっぽく、豚の背脂ミンチも入っていた。

 14時、自宅に戻り、片づけをしたのち、除雪や排雪の苦情があった市内の現場をまわる。
 大洲や中浜地区は特に酷い。

 17時、事務所に戻り、事務仕事。

Bdsc_00096 18時10分、薄味に仕上げたたらこの醤油煮、母が練って作った胡麻豆腐、草津温泉で購入してきた生姜昆布漬け、小粒納豆となめ茸の和え物、ご飯、ノンアルコールビール350ml3本で夕食をとる。
 不在であった間に依頼のあった案件を処理するため、食後から事務所で事務仕事。

 23時、週刊誌をもって、長風呂に入る。

 一昨日の深夜に起こった台湾・花蓮市の大地震は、ホテルやビルが倒壊し、大きな被害であることが分かってきた。その後も救助隊員が救助活動に当たっているが、いまだ行方不明者がおり、停電、断水、ガス漏れ。そして余震も依然として続いているという。
 一刻も早く、埋まっている方を救い出すべきであり、災害経験が多く、ノウハウもある我が国も積極的に協力すべきである。
 台湾は日本にとって重要な国であり、日本国政府の動きはどうかと思っていたら、安倍首相が以下のようなツイートをした。

Abetaiwan

「東日本大地震時,日本受到長年以來的朋友--台灣的各位溫暖的幫助,日本國民直到現在仍記憶鮮明。在重要的友人面臨困難的時刻,日本願協助台灣任何必要的支援。當地正連夜持續搜救,日本政府目前已派遣警察、消防等專業團隊,全力協助搜索及救援工作。」

「訳:東日本大震災では、古くからの友人である台湾の皆さんから、本当に心温まる支援を頂きました。決して忘れることはありません。そして、この、大切な友人の困難に際して、日本として、出来る限りの支援を行っていく考えです。現地では、夜を徹して、行方不明者の懸命な捜索・救助活動が行われています。日本政府として、すでに警察や消防などからなる専門家チームを派遣したところであり、全力を尽くして支援を行ってまいります。」

 歴代首相のなかで、ここまで台湾に寄り添った首相はいないであろう。
 素晴らしいことである。

2018年2月 7日 (水)

台湾・花蓮市で大地震
冬の草津温泉で結婚記念日

 0時過ぎ、台湾の花蓮市でマグニチュード6.4の強い地震があったとの報道があり、台湾人の妻の親族や関係者で被害がでていないことを確認。とにかく被害が大きくならないことを願うばかり。
 一昨年も台南大地震があったので、この日(2月6日)には何かあるのかとも思ってしまう。

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、甘塩鮭、豚そぼろ味噌、もずくの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後、雪かきで一汗をかく。

 9時過ぎ、妻とともに愛車・四代目プリウス(ZVW55)フォウ・ミイダ(メス、今年2歳)に乗り、小千谷市に向かう。
 除雪車が前を走っていたこともあり、1時間以上かかって、小千谷インターチェンジから関越自動車道に乗る。

 途中、スーパーで購入したチーズフランスパン、チキンレモンサンドイッチ、低脂肪乳で昼食。関越トンネルを抜ければ、晴天であった。

 14時過ぎ、群馬県の草津温泉に到着し、ホテルにチェックイン。草津の温泉街から離れたホテルであるが、部屋からの景色が良い。

Adsc_000603

 「いぃ~景色だんべぇ~」

Adsc_000704

 今日は妻の誕生日であり、かつ2年目の結婚記念日なので、泉質では日本一と言われる草津温泉旅行のプレゼント(昨年は、同じ群馬県の北橘温泉)。先日、白根山が噴火したことで観光客が減っているということへの支援の意味もある。

Adsc_000805

 荷物を部屋に置いたのち、ホテルでサービスとして行われている大衆演劇「戟党 市川富美雄 一座」を観る。
 しかし、歌舞伎などの解説がある演目とは違うものであり、日本語の言い回しなどが妻にも難しいとのことで、申し訳なく途中で退席。

 15時過ぎ、湯畑に行き、白旗源泉や足湯などを堪能する。日本語と同じぐらいに外国語が飛び交っており、完全に国際的な観光地になっていることを実感。

Adsc_000906

Adsc_001007

Img_1819

 お約束の西の河原露天風呂に向かうも雪が強くなってきたので断念し、「山マタギと海番屋」(電話:0279-88-7515)で炭火でじっくり焼いた「鮎焼き 700円」を二人で分けて食べる。

Adsc_001208

Adsc_001309

 地元スーパーなどで市販納豆の調査をしたのち、17時、ホテルに戻り、露天風呂を楽しむ。

Adsc_002011 17時40分、ホテル2階のレストランでアルコールも飲み放題のビュッフェ形式の夕食でお誕生日会。上州牛のすき焼きや鴨肉のハム、天ぷら盛り合わせなどをつつきながら、生ビール、赤ワインを飲む。
 妻が一切アルコールを飲めないので、結局、生ビールを飲みまくった自分が一番楽しんでいたという話も・・・・。

 食後、部屋に戻り、今年、どんなビジネスを展開するのか、また子供をどうするのかなどを話しつつ、ゆっくり過ごす。

 23時、就寝。

2018年2月 6日 (火)

柏崎の24時間降雪量68cm・・・
熱いゲームの第52回スーパーボウル

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、筋子、キャベツの昆布漬け、蜆の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後から自宅周辺の雪かき。完全に車も埋まっており、運転席に乗り込むまで1時間以上かかった。

 10時過ぎ、市役所に移動し、所属会派「決断と実行」の会派会議に出席する。今年最初の柏崎市政で大きな政治決断となる

 「新潟産業大学公立大学法人化の可否」

 「株式会社柏崎ショッピングモール・フォンジェの支援」

について、会派内での意見交換。

Adsc_000101 12時30分、自宅に戻り、大量をニンニクと唐辛子をオリーブオイルで炒め、玉葱、ピーマン、ホールトマト、乾燥バジルでトマトソースを作ったのち、少し長めに茹でた1.7ミリのスパゲティを入れたトマトスパゲティ、低脂肪乳、ブルーベリーヨーグルトで昼食をとる。

 食後から再度の雪かきをし、大汗をかく。

 15時過ぎ、事務所に来客があり、市政に関する意見交換。

Adsc_000402 18時30分、皮を剥いだ鶏胸肉を使ったチキンカツ、キャベツサラダ、スーパーで購入したシメ鯖寿司、絹ごし豆腐と塩鱈を入れた湯豆腐、ビール500ml3本で夕食をとる。
 夕食をとりながら、1年に1回の楽しみでもあるNFLの第52回スーパーボウルの録画をビールをグイグイと飲みつつ観る。

Superb52

 今年は、フィラデルフィア・イーグルスとニューイングランド・ペイトリオッツの激突。しかも両チームともゲインしまくってのゲームで、近年稀に見る熱戦となった。結果は41対33でフィラデルフィア・イーグルスの勝利であったが、ペイトリオッツのQBトム・ブレイディの老獪さも良かった。
 結局、ビールは500mlが6本空いた・・・。

 24時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュし、事務所で事務仕事。

 今日、柏崎市の名前がやたらニュースにでると思ったら昨日からの24時間降雪量が68cmとのことで、今回の大寒波のなかではトップであったという。
 柏崎市役所でも豪雪警戒本部会議を開催し、積雪量、被害状況が以下のように報告された。

(1)積雪量
 柏崎総合高校82cm
 中鯖石宮平144cm
 旧鵜川小学校241cm
 西山町事務所114cm
 高柳町事務所174cm
 高柳町石黒233cm

(2月7日午前9時現在、豪雪災害対策本部設置基準には達していない)

(2)被害状況
 人的被害:死亡2名(病的疾患による)
      重傷2名(転倒、ロータリー除雪車巻き込み事故)、軽症6名
 建物被害:なし

 福井県、石川県では道路渋滞をはじめ、かなり大きな雪害となっており、これ以上の被害が広がらないことを願うばかり。

【豪雪災害対策本部設置基準】(新潟県災害救助条例適用基準)
 全市域:210cm(6指定観測点平均)
 旧市町:旧柏崎市:200cm(総合高校、中鯖石宮平、鵜川の平均)
 旧西山町:200cm(西山町事務所)
 旧高柳町:296cm(高柳町事務所、高柳町石黒の平均)

2018年2月 5日 (月)

大雪の中での18柏崎JC新年祝賀会
今年のスローガンは「生ー生きる-」

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鯵の開き、水菜サラダ、豆腐と若布の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後、自宅周辺の雪かき。たっぷりと汗をかいた。

 9時過ぎ、やっと車を雪の山から出すことができ、10時から市内某所で打ち合わせを行う。

 11時20分、自民党柏崎支部に移動し、平成30年度予算案や新春総会の役割分担などを決める。

 12時10分、自宅に戻り、6つ切りの食パンをトーストし、佐渡バターを塗ったもの2枚、ベーコン、茹で卵、低脂肪乳で昼食をとる。

 午後からは事務所への来客が続き、打ち合わせや意見交換などを行う。

Bdsc_001716 18時40分、「ザ・シャンカーラ」に移動し、19時から柏崎青年会議所の2018年度最初の事業である新年祝賀会に柏崎JCシニアクラブ会員として出席する。
 第62代理事長に就任したのは荒川君。今年のスローガンは「生-生きる-」である。

Bdsc_001514

 青臭いながらも青年会議所らしい荒川理事長のスピーチであった。

Bdsc_001918 懇親の場では、2017年度の新入会員をはじめ、若いメンバーと意見交換。一度、市外にでてから柏崎に戻ってきたメンバーもおり、今の柏崎に何が足りないのかアツい話となった。是非とも、その熱意を今年の事業にぶつけてほしい。

 21時過ぎ、お開きの時間となったもののが、大雪のため、なかなか迎えの車が来ない状況。 大雪の中での新年会は、ここ近年珍しく、それだけ記憶に残る新年会でもあった。

 21時40分、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びる。

 22時過ぎから事務所で事務仕事。

2018年2月 4日 (日)

平成30年三富佳一後援会新年会
米を輸出!攻めの農業へ

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、イカの塩辛、根菜を多めに入れた豚汁でご飯2杯の朝食をとる。

 午前中は郵便局や宅配便、資料のお届けなどで市内をまわる。

Bdsc_000201 13時10分、自宅に戻り、ニンニクの醤油漬け、日高根こぶ出汁、薄口醤油で作ったつゆに冷凍讃岐うどんを入れ、玉葱が多めに入った薩摩揚げをのせた天ぷらうどん、低脂肪乳で昼食をとる。
 玉葱の薩摩揚げには、コシのある讃岐うどんよりは博多うどんの方が合いそうである。

 13時40分から、市内某所で打ち合わせ。

Bdsc_000605 14時50分、柏崎市市民プラザに移動し、15時から平成30年三富佳一後援会新年会に出席する。
 自民党・細田健一衆議院議員、自民党・佐藤信秋参議院議員、自民党・小林一大県議、柏崎市長、刈羽村長からの来賓祝辞があったなか、細田健一衆議院議員は先日も本ブログで書いた中国大陸への米の輸出についてお話しになった。まさに攻めの農業への発想転換が必要であり、政治の力が必要になる。

Bdsc_000302

Bdsc_000706

 三富佳一県議ご本人からは、攻めの農業をするための土地改良の現状、これまで培った人脈もフルに活用し、柏崎刈羽地域の住民のためは当然のこと、新潟県全体のためにも、まだまだ頑張りたいとのお話しがあった。

Bdsc_000908

 16時過ぎからの懇親会では、色々な方から県内の月刊誌『財界にいがた』の記者が私という嘘を某議員が流布している旨の情報を聞いた。
 『財界にいがた』の記事を書いて、政敵を潰している悪人が私だそうである・・・・くだらない上、やる事が小さい。

 17時40分、自宅に戻り、雪かきや井戸水のホースの修復など家まわりの諸雑務。

Bdsc_001009 18時30分、小腹がすいたので、今日一日かけて煮込んでおいた牛バラ肉と玉葱、日本酒、醤油、みりんで作った牛煮をご飯にかけ、茹で枝豆を彩りとしてのせた牛丼、塩鯖焼き、ビール500ml3本で夕食をとる。
 牛バラ肉は2回ほど茹でこぼしたのち、雪のなかに鍋を入れて固まった脂肪をとったので、さっぱりと仕上がった。

 食後から事務所で事務仕事。

 22時から月刊誌をもって、長風呂に入る。

2018年2月 3日 (土)

元TBSアナウンサー・鈴木史朗氏
「私の会った日本兵は立派だった」

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鮭のハラス醤油漬け、野沢菜、もやしの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後から事務所でトチオンガーセブン柏崎ロケ・プロジェクトに関する市長表敬訪問やマスコミ発表用の資料を作成。

 資料を作りながら、ごく弱火で鶏皮を炒め、鶏油を取り出す。油を取り切った皮を夜のビールのお供である。

Adsc_000312

Adsc_000313 12時30分、抽出したばかりの鶏油を使い、ニンニク、生卵、冷やご飯、人参、長葱のみじん切りでガーリック炒飯を作り、オクラサラダ、低脂肪乳、ブルーベリーヨーグルトで昼食。
 ラードで作る炒飯までには深くないものの、植物油で作るよりは風味が良い。

 食後、新潟県赤十字安全奉仕団柏崎市分団の団員研修会に出席予定であったが、トチオンガーセブンの柏崎ロケや柏崎のフィルムコミッションなど、打ち合わせが3件入ったため、キャンセル。

Adsc_000314 午後から市内某所や事務所での打ち合わせを行う。打ち合わせの際、これまで北海道限定であったが、あまりの人気で全国展開となった「カラムーチョチップス 山わさび味」 の差し入れがあり、テイスティング。
 ビールにも合いそうな味である。

Adsc_000315 18時20分、豚挽肉、ニンニク、唐辛子、自家製の豆板醤、花椒、絹ごし豆腐を使った激辛麻婆豆腐、ブロッコリーやオクラ、人参のサラダ、鮪の赤身の刺身、昼間に作ったカリカリになった鶏皮(塩、胡椒味)、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後から事務所で今日の打ち合わせ内容の議事メモや資料を作成。

 23時30分、週刊誌を持って、長風呂に入る。

 昨年11月12日行われた靖国神社崇敬奉賛会主催第19回公開シンポジウム
「生きるということ ~私の会った日本兵は立派だった~」で、TBSの人気番組「さんまのからくりTV」のご長寿クイズの司会でも有名だった元TBSアナウンサー・鈴木史朗氏が講演をされた様子が、今年の『やすくに』平成30年1月1日号に掲載されていた。

171112_ss

 鈴木氏は、大東亜戦争当時、中国大陸に住んでいたことから、当時の国民党軍や八路軍(共産党)などが略奪などで傍若無人な振る舞いで中国大陸の現地人から疎まれていたことに対し、派遣されていた日本兵は現地の治安維持・街の復旧をはじめ、現地人からの医療活動や食料の手配も行い、歓迎されていたことを説明されたという。
 そして、占領当時の南京の様子を記録した『南京・戦線後方記録映画』を上映しながら、「どう考えても南京大虐殺があったとは考えられない」と発言。

*1938年『南京・戦線後方記録映画』

 また、「ご長寿クイズ」の裏話として、コーナー開始前は日本のために戦った方々を笑いものにはできないと抵抗していたこと。しかし、回答者として参加された方々が非常に喜んでいる光景を見て、戦中戦後と苦難に満ちた時代を過ごしてこられた方々にせめてもの恩返しになればという思いからコーナーを続けてきた、と担当するまでの経緯と心情の変化を語り、最後に

「私たちを温かく見守ってくださる英霊に感謝を捧げるとともに、隣国の圧力などいかなる世界情勢にも屈しない強い日本になることが一番の願いである」

と述べ、講演を締め括ったとのことである。
 是非、時間が合えば、直接お聞きしたかった講演会であった。

2018年2月 2日 (金)

日本の米、中国大陸でビジネスチャンス
課題は燻蒸など

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、牛肉そぼろ煮、アスパラ菜(オータムポエム)のお浸し、油揚げと玉葱の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市内某所に移動し、現場確認と打ち合わせ。

 12時過ぎ、コンビニで購入したレタスサンドイッチ、納豆巻き、サラダチキン(プレーン味)、低脂肪乳で昼食をとりつつ、某氏の車で長岡市に移動。

 13時30分から長岡市内の某公共施設の会議室で行われている観光誘致ツアーに関する意見交換に途中から参加させてもらう。
 観光施設の関係者だけではなく、農業生産者も入っているので、話の幅が広い。

 16時過ぎ、事務所に戻り、事務仕事。

Adsc_000311 18時、牛バラ肉、バナメイ海老、ワタリ蟹(バーレーン産)、人参、キャベツ、えのき、白菜、春菊、長葱、エリンギ、大量のニンニクのスライスを入れ、昆布と干し椎茸で出汁をとり、 沖縄県宮古島市の「雪塩」で味付けをした塩スープを使った塩寄せ鍋、小粒納豆と梅肉の和え物、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後、事務所で輸出に関する資料を読み込む。

 23時過ぎ、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

 日本人が年間に食べる米の量は、戦後である昭和37年でも年間一人当たり118.3kgあったが、平成27年度では半分以下の54.6kgとなっている。

Ricet

 日本人が食べなくなってきたが、中国大陸では米を輸入する状況であり、日本の農業にとってはチャンスと言える。
 しかし、玄米のまま輸出できず、中国大陸への出す場合には、燻蒸など明らかに味を落としてしまう事をしなくてはならない。
 政治上の問題でもあり、中国側が抱き着き外交にでるような事態になったら、一気に改善を迫るような動きをしてもらいたいと思う。


平成30年1月29日『産経新聞』

日本産コメ 中国で商機
大使館などPRイベント展開
日本食ブーム 追い風

 日本政府は世界最大の消費国である中国へのコメ輸出拡大に向けて、現地での認知度アップに力を入れている。日本産コメの輸出量は増加傾向にあるものの価格競争力などの面から伸び悩んでおり、中国での日本食ブームや日中政府間の関係改善を追い風として売り込みを図りたい考えだ。

 「白米は本当にすごくうまい。炊き方のコツ知ってる?」中国版ツイッター微博で525万人のフォロワーを持つグルメブロガー「美食家大嘘」は24日、北京で開かれた日本産コメのPRイベントの様子を投稿した。会場では中国でも人気のドラマ「孤独のグルメ」で知られる俳優の松重豊さんが「ご飯は香りや甘さなど五感を刺激する可能性を秘めた食べ物だ」とアピール。女優の桜庭ななみさんも「納豆ご飯は体によく、ダイエットのときによく食べた」と流暢な中国語で紹介した。
 日本大使館などは同日から2月11日まで、北京と上海の日本料理店26店舗と協力し、日本産コメを使った海鮮丼やうな重などの特別メニューを提供するキャンペーンを展開。テーブルには電子商取引大手アリババ集団などのQRコードが置かれ「日本産がおいしいと感じたら、その場で買ってもらう仕組み」(日本大使館担当者)だ。日本への観光客急増により中国では日本食への関心が高まっている。2017年の日本料理店数は4万800店と4年前の約4倍まで増加し、15年には米国を技いて世界最多に。日本産コメの需要を喚起するチャンスでもある。
 ただ普及に向けた最大の課題は価格競争力だ。アリババのサイトに出品されたコシヒカリは2キロ約130元(約2200円)。流通コストのため価格は日本国内の2倍前後となり、中国の東北地方産米と比べると数倍の価格差だ。
 中国の年間コメ消費量1億4千万ドルに対して日本産精米の輸出量は375トン(16年)にすぎない。先の担当者は「認知度を上げて消費を増やし、供給側の競争によって流通コストが下がる好循環を生みたい」ともくろむ。
 
日本産の輸出が伸び悩むのには政治的な要因もある。中国へのコメ輸出には中国政府から認可を受けた精米工場と燻蒸(くんじょう)倉庫が必要だが、これまで認められたのは神奈川県の精米工場1カ所と燻蒸倉庫2カ所だけ。農林水産省は11年に8カ所の燻蒸施設を国内登録したが、12年に尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化をめぐって日中関係が悪化。中国側は検査担当者の派遣を中止し〝たなざらし″の状態が続いている。その後、国内登録された施設はさらに増えたが、いまだに「中国に認可を働きかけている状態」(農水省)だ。

2018年2月 1日 (木)

柏崎市政、平成30年最初の2つの決断
新潟産業大学とフォンジェ

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、鮭のハラス醤油漬け、野沢菜、もやしの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、柏崎市外からお越しになった某社の方をご案内するため柏崎駅に行き、その後に市内まわり。何とか工場誘致までいければと思うが、最大のネックはやはり道路や鉄道などインフラ整備と言われてしまった。

 11時、事務所に戻り、緊急で依頼された液晶割れのノートパソコンの修理。

Adsc_000114

Adsc_000115 12時30分、ニンニク、豚小間切れ、キャベツ、人参、ピーマンをラードで炒め、市販の醤油ラーメンのスープを入れ、茹でた中華細麺、長葱の輪切り、自家製の叉焼をのせた野菜醤油ラーメンと低脂肪乳で昼食をとる。
 自家製叉焼は、黒砂糖と酒、再仕込み醤油で作ったハードボイルドタイプ。

Adsc_000116 13時、市役所に移動し、13時30分からの議会運営委員会に出席する。
 主な議題は以下の通り。

1.2月定例会議について
(1)日時 2月20日(火)午前10時
(2)予定議案
「議第1号 平成29年度一般会計補正予算(第12号)」

「議第2号 平成29年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)」

「議第3号 平成29年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」

「議第4号 平成29年度介護保険特別会計補正予算(第3号)」

「議第5号 平成29年度ガス事業会計補正予算(第2号)」

「議第6号 平成29年度水道事業会計補正予算(第2号)」

「議第7号 平成29年度下水道事業会計補正予算(第4号)」

「議第8号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 県人事委員会の勧告を踏まえ、職員の給与を改正するための議案。

「議第9号  議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 一般職の給与の改正に伴い、議員の期末手当を改正するための議案。

「議第10号 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 一般職の給与の改正に伴い、特別職の期末手当を改正するための議案。

「議第11号 職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例の制定について」
 国家公務員退職手当法の改正に伴う支給水準の引き下げ及び雇用保険法の改正に伴う失業等給付の拡充等国家公務員に準じた改正を行うための議案。

「議第12号 組織・機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について」
 平成30年度の組織・機構改革に伴い、改正が必要となる関係条例の整理を行うための議案。

「議第13号 市立児童クラブ設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 新たに鯨波小学校に児童クラブを設置するための議案。

「議第14号 公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 ガス事業の譲渡及び機構改革に伴いガス水道局の名称を変更すること、農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続することに伴い、両事業の事業計画を見直す等の改正をするための議案。

「議第15号 公共下水道受益者負担金に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 農業集落排水事業の安田地区、向安田地区及び下田尻地区を公共下水道事業の柏崎処理区へ接続し、事業計画を見直したことに伴い、受益者の負担金及び工事負担金の改正をするための議案。

「報第1号 専決処分報告について(消防活動中の物損事故による和解及び損害賠償額の決定について)」

「報第2号 専決処分報告について(税条例の一部を改正する条例)」

「報第3号 専決処分報告について(平成29年度一般会計補正予算(第11号))」

「議第16号 平成30年度一般会計予算」

「議第17号 平成30年度国民健康保険事業特別会計予算」

「議第18号 平成30年度後期高齢者医療特別会計予算」

「議第19号 平成30年度介護保険特別会計予算」

「議第20号 平成30年度土地取得事業特別会計予算」

「議第21号 平成30年度墓園事業特別会計予算」

「議第22号 平成30年度ガス事業清算特別会計予算」

「議第23号 平成30年度水道事業会計予算」

「議第24号 平成30年度工業用水道事業会計予算」

「議第25号 平成30年度下水道事業会計予算」

「議第26号 個人情報保護条例及び情報公開条例の一部を改正する条例の制定について」

 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律の改正に伴い、所要の改正を行うための議案。

「議第27号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 医師及び歯科医師に対し支給している地域手当を廃止し、新たに特殊勤務手当として医師手当を創設する等の改正を行うための議案。

「議第28号 手数料条例の一部を改正する条例の制定について」
 地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令が施行されることに伴う消防関係の手数料の改正、平成30年度から介護保険の居宅介護支援事業者の指定権限が県から市へ移譲されることに伴う事業者の指定手数料の新設、その他所要の改正を行うための議案。

「議第29号 ガス事業清算金活用基金条例の制定について」
 平成30年度にガス事業が民営化されることに伴い、その清算剰余金を上下水道事業の経営安定に活用するための基金を設置するための議案。

「議第30号 公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 指定管理者の候補者の選定をより公正なものとするため、選定の審査基準を見直す等の改正を行うための議案。

「議第31号 行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について」
 道路法施行令の一部改正により、道路占用料徴収条例が改正されることに伴い、同条例を準用して規定している使用料を改正する議案。

「議第32号 協働のまちづくり推進会議設置条例を廃止する条例の制定について」
 平成30年度から市民活動センターが指定管理者による管理運営を開始することに伴い、当該会議が市の附属機関として役割を終了したため、廃止する議案。

「議第33号 介護保険条例の一部を改正する条例の制定について」
 第7期介護保険事業計画の策定に伴い、計画期間である平成30年度から平成32年度までの第1号被保険者の介護保険料を改定するための議案。

「議第34号 国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度から国民健康保険の財政運営の責任主体が県となることに伴い、国民健康保険協議会に関する規定等に所要の改正を行う議案。

「議第35号 国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度から国民健康保険の財政運営の責任主体が県となることに伴う条文の一部改正及び国民健康保険税の税率改正を行うための議案。

「議第36号 国民健康保険給付等準備基金条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度から国民健康保険の財政運営の責任主体が県となることに伴い、保険給付に要する費用として当該基金の処分の必要性がなくなるため、国民健康保険事業に要する費用に不足が生じた場合の財源として処分できるよう目的を変更する等の改正を行うための議案。

「議第37号 後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について」
 高齢者の医療の確保に関する法律の改正に伴い、後期高齢者医療保険の被保険者資格に関する条文について改正を行うための議案。

「議第38号 学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例の制定について」
 平成30年度に西山中学校に西山地区学校給食共同調理場を設置するための議案。

「議第39号 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について」
 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の制定により、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な推進に関する法律が一部改正されること等に伴い、所要の改正を行うための議案。

「議第40号 国民休養地設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について」
 平成29年度をもって柏崎国民休養地を廃止するための議案。

「議第41号 産業拠点強化を促進するための市税の特例に関する条例の制定について」
 県知事の認定を受けた地方活力向上地域業務整備計画に従って、本社機能等の移転又は拡充を行う企業等の事業者に対し、固定資産税の不均一課税を行うための議案。

「議第42号 工場立地法に基づく緑地面積率等に関する準則を定める条例の制定について」
 ものづくり産業の維持・発展及び市内企業の流出を防止するため、企業が設備投資しやすい環境整備の一つとして、工場立地法により設置が義務付けられている緑地等の面積率を緩和するための議案。

「議第43号 都市公園条例の一部を改正する条例の制定について」
 都市公園法及び同法施行令並びに道路法施行令の一部が改正されたことに伴い、所要の改正を行うための議案。

「議第44号 道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について」
 道路法施行令の一部改正に伴い、道路占用料を改正する議案。

「議第45号 市道路線の廃止について」
 一般国道8号柏崎バイパス工事に伴い発生する市道の再編を行うため、市道の廃止の議案。

「議第46号 市道路線の認定について」
 一般国道8号柏崎バイパス工事に伴い発生する市道の再編を行うため、市道の認定の議案。

「選第1号 職員懲戒審査委員会委員の選任について」
「選第2号 職員懲戒審査委員会委員の選任について」
「選第3号 職員懲戒審査委員会委員の選任について」
「選第4号 職員懲戒審査委員会委員の選任について」
「選第5号 職員懲戒審査委員会委員の選任について」
「選第6号 人権擁護委員候補者の推薦について」
「選第7号 人権擁護委員候補者の推薦について」


(3)行程
2月20日(火)本会議 説明・質疑・付託
  21日(水)産業建設・文教厚生常任委員会
  22日(木)総務常任委員会 一般質問締切(正午)
  23日(金)本会議
        委員長報告・採決、施政方針、議案説明
  26日(月)代表質問締切(正午)
3月 1日(木)代表質問
         一般会計・特別会計・他議案 質疑・付託
   2日(金)産業建設常任委員会(議案補足説明)
   5日(月)(中学校卒業式)
   6日(火)産業建設常任委員協議会(論点整理)
   7日(水)一般質問
   8日(木)一般質問
   9日(金)(本会議予備日)
  12日(月)産業建設常任委員会
  13日(火)文教厚生常任委員会
  14日(水)総務常任委員会
  15日(木)産業建設常任委員会
  16日(金)文教厚生常任委員会
  19日(月)総務常任委員会
  20日(火)(委員会予備日)
  22日(木)本会議 委員長報告・採決
  23日(金)(小学校卒業式)
通告等の締切:一般質問 2月22日(木)正午
代表質問:2月26日(月)正午
議員発案:3月 1日(木)午後5時
※ 一般質問の通告は、2月16日(金)午前9時から受付を開始。

(4)一般質問
 人数 制限しない
 時間 1人30分以内
 通告の受付及び発言順序
  通告は2月16日(金)午前9時から2月22日(木)正午までの間に受け付け、発言は通告順(同会派が連続しないよう配慮・・議長決める)とする。

(5)代表質問
 代表質問の留意事項
・質問、答弁時間を考慮した項目の選定
 施策や事業の基本的な考え方を問う・・・詳細は予算の款別質疑、他議案質疑で対応きる。
・代表質問は、市長の施政方針演説を主とした新年度執行にかかわるものに限る。
 市の事務全般については、一質問で対応できる。

(6)常任委員会の開催時間について
2月21日(水)の常任委員会開催時間について
 午前10時 産業建設常任委員会
 午後 1時 文教厚生常任委員会
3月 2日(金)の常任委員会開催時間について
 午前10時 総務常任委員会
 午後 1時 文教厚生常任委員会
 午後 3時 産業建設常任委員会

(7)機構改革に伴う当初予算審査ついて
 今年4月からの機構改革後の担当課の振り分けで、委員会審査を行う。

(8)新庁舎建設に係る年度及び補正予算ついて
 これまでと同様に、総務常任委員会審査する。

2.市議会全員協の開催について
(1)日時 2月14日(水)午後1時
(2)場所 議場
(3)協議事項(予定)

 ア 新潟産業大学公立大学法人化の方向性について
 イ 株式会社柏崎ショッピングモールの支援対応について

→ まさにこの2つの事項が、平成30年の最初に柏崎市として大きな決断をしなければならない案件である。

Adsc_000111
*テナントが撤退した「フォンジェ」2F

3.議員定数について(委員会のあり方)
 各会派からの委員会数の考え方がでてきたので、各会派で持ち帰って、さらに検討し、2月定例会議中に議論を行う。

「各会派からの委員会に関する意見集約」(pdf形式)

4.議会基本条例の見直しについて

「各会派からの基本条例の見直し意見」(pdf形式)

(1) 議決事件の追加及び見直し(議会の議決事件(会第11条))
(2) 各種計画等の説明見直し・プロセスモデル(政策要求及び審議(第12条))
 

5.決算常任委員会の設置について

「各会派からの決算常任委員会の設置意見」(pdf形式)

Q.(三井田)それぞれの会派での意見がでているが、各会派の意見を見ていると決算常任委員会のイメージがバラバラの感がある。できれば、正副委員長の方で、フローチャートのかたちで常任委員会化した場合などを作成してもらえないか。
A.(委員長)正副委員長で検討し、作成する。

6.常任委員会の所管について
 ボリュームが多いと言われている総務常任委員会から見直し不要との回答があったため、見直しは次の機会とする。

7.平成30年度議会費予算について
 昨年より369.4万円の削減。職員給与手当は増額となったが、非常勤職員の1名減、郵送料などでコストダウン。
 1名の非常勤職員分は、職員OBの再任用とし、費用は総務費からの一括支出となる。

8.その他
(1)第11回原発サミットのテーマ等について
 メインテーマ、講演会の講師やテーマなどを募集する。各議員個人で意見を提出。
→ 今年5月に実行委員会を開催。
(2)次回議会運営委員の日程について
 3月1日(木)午前9時 第一委員会室
・議員発案の取り扱いについて
(3)その他
 小中学校の卒業式があり、それぞれの議員に案内があるので、その地区で対応してほしい。

 委員会終了後、会派室で諸雑務。

 17時、自宅に戻り、雪かきなどを行う。

Adsc_000117 18時10分、ナガス鯨の赤身肉、ニンニク、白菜、人参、キャベツ、えのき、しめじを醤油ベースのスープに入れて鯨鍋、小粒納豆と大根おろしの和え物、野沢菜の古漬けの油炒め、ビール500ml3本で夕食をとる。
 やはり鯨は美味い。

 食後から事務所で事務仕事。

 22時、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたNFLのゲームをまとめて観る。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »