« 中国の度量の狭さ、台湾東部地震
『柏新時報』一面でトチオンガーセブン柏崎編紹介
| トップページ | 大雪の中の山形県への移動、羽越新幹線構想の必要性を実感 »

2018年2月11日 (日)

柏崎市長表敬訪問『炎の天狐トチオンガーセブン』
ヒロイン役は小川麻琴さん!

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、セロリの醤油漬け、ほうれん草と油揚げの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 シャワーを浴びたのち、8時50分、市役所に移動。

 9時過ぎ、『炎の天狐トチオンガーセブン』、この度設立した柏崎フィルムコミッション関係者、えちゴン、そして『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編のヒロイン役をお願いすることになった元モーニング娘。メンバーで「かしわざき大使」の小川麻琴さんと合流し、事前の打ち合わせを行う。

 10時、『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編に関しての櫻井市長への表敬訪問のため、市長応接室に移動。
 まずは、市長応接室に入ろうとするも、顔がつっかえるという「お約束」をするえちゴンが素晴らしい。

Img_1845

 櫻井市長に対して、まずは大人のお作法?で名刺交換。

Img_1847

 その後、これまでのトチオンガーセブンの活動、昨年末に成立したトチオンガーセブン柏崎ロケ・プロジェクトのクラウドファンディングの報告をし、トチオンガーセブンからは今回の意気込みを、周りが心配するほどアツく語ってもらった。

Img_1855

「配布資料(経緯と今後の予定)(pdf形式)

「配布資料(トチオンガーセブンの実績)」(pdf形式)

Img_1859

 また、今回のヒロイン役をお願いすることになった元モーニング娘。メンバーで「かしわざき大使」の小川麻琴さんからも柏崎への想いもお話し頂いた。

Img_1854
*『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編に出演するえちゴンも同席。市長の秘書K嬢が気を使ってお茶を用意するも、「インストール」できない!の図。

 市長への表敬訪問ののち、市役所5階にて制作発表の記者会見を行い、地元マスコミをはじめとする数社との質疑応答を行った。

Img_1863

 実際の柏崎ロケは当初予定から遅くなり、今年4月。何とか編集を間に合わせえんま市までには完成させたいという流れである。
 映画にも耐えうる素材となるよう、追加でかかる100万円ほどの資金もさらに集めなければならない。
 私としては、それ以上に特撮ヒーロー番組のレジェンド俳優との出演交渉が大きな仕事である。
 柏崎編だけにレジェンド俳優の出演してもらえれば、ローカルヒーロー、いや特撮業界全体も驚く。特撮業界の歴史に残るようなキャスティングに挑戦してみたい。

「君は自分の手で
  歴史の歯車を回してみたいとは
           思わないのか?」

シャア・アズナブル
 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3 暁の蜂起』より

 12時40分、妻と「やぶ」(電話:0257-22-3482)に行き、「五目中華 800円」を「大盛り +120円」にして昼食をとる。

Rdsc_00062

 14時から打ち合わせやイベント関係の手伝いのため、市内まわり。

Dsc_0009 16時過ぎ、「割烹 乃佐和」(電話:0257-22-4177)に移動し、日本会議柏崎支部主催の「第3回 建国記念の日 奉祝の集い」の直会から出席させてもらう。
 → 最近の活動「反原発派への意見広告」
 業種など関係なく20名以上の方がお集まりになっての会なので、それぞれアピールの場も用意されたので、『炎の天狐トチオンガーセブン』柏崎編への協力の依頼をさせてもらった。
 ありがたいことに1口5000円の出資への賛同も頂戴した。

 18時、仕事があるので、申し訳なくも中座させてもらい、事務所に戻る。緊急で依頼されたノートパソコンの修理(液晶割れ&インバーターの故障)や資料の作成。

 23時、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュしたのち、引き続き、事務所で資料作成や説明資料を読み込む。

|

« 中国の度量の狭さ、台湾東部地震
『柏新時報』一面でトチオンガーセブン柏崎編紹介
| トップページ | 大雪の中の山形県への移動、羽越新幹線構想の必要性を実感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/66388050

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎市長表敬訪問『炎の天狐トチオンガーセブン』
ヒロイン役は小川麻琴さん!
:

« 中国の度量の狭さ、台湾東部地震
『柏新時報』一面でトチオンガーセブン柏崎編紹介
| トップページ | 大雪の中の山形県への移動、羽越新幹線構想の必要性を実感 »