« 戊辰戦争150周年記念の鶴ヶ城訪問
創業80年、牛乳屋食堂のラーメン
| トップページ | 野党の党名ロンダリングと政党助成金
ナイトライダー帽子 »

2018年5月 6日 (日)

福島県会津若松市:レトロな七日町通りをまち歩き

 2時、就寝。

 5時に起床し、時差の関係でネットでの会議を行う。

Adsc_000201 6時50分、ホテル1階に行き、ビュフェ形式での朝食をとる。麻婆春雨、蕎麦サラダ、もやしナムル、塩鯖焼き、玉子焼き、漬物、もやしと若布の味噌汁、ご飯、野菜ジュースといった内容で、追加で持参した小粒納豆と昨日スーパーで購入した紫蘇巻き。

 食後、部屋まで戻り、少し仮眠をとる。

Img_2339 9時30分、ホテルをチェックアウトし、レトロな街並みがある七日町通りに向かう。
 駐車場に車を入れ、レトロな七日町通りを歩く。味のある大正時代の建築物がそのまま残っており、昨年に行った台湾・雲林県西螺鎮の延平老街のようである。

Img_2340
*会津初の洋風商店建築、大正2年竣工「白木屋」石造り風の土蔵造3階建て。

Img_2341
*昭和2年建築の旧・第四銀行会津支店

Img_2338
*新選組・土方歳三や吉田松陰が宿泊した清水屋旅館跡地

Img_2360
*大正10年建築の旧郡山商業銀行若松支店の洋館

 築150年の建物のなかに昭和30年代の街並みが再現された「昭和なつかし館」(入館料200円)もあり、レトロのまちづくりを満喫。

Img_2344

Img_2345

Img_2346

Img_2347

Img_2348

Img_2355
*ジュークボックスも現役

Img_2357

 十分参考になる「昭和なつかし館」を楽しんだのち、喜多方市に向かって移動する。

Adsc_000302 11時30分、「食堂 はせ川」(電話:0241-24-5180)に到着するも、人気店かつゴールデンウィークであるためか大行列であった。
 妻と待つこと1時間、12時30分にお店の中に入ることができた。混雑しているため、限定的なメニューのみであったが、「小チャー味玉淡麗醤油中華そば 780円」、妻は「淡麗醤油中華そば小チャーシュー 680円」を注文。

Adsc_000504

Adsc_000706

 多加水麺に切れある醤油スープで、まさに喜多方の味であり、たまらず「小ライス 30円」を追加してしまった。これが太るもとである。

 すっかり満腹になり、若干の眠気と戦いながら、愛車で移動。

 13時20分、日中線(昭和13年開通、昭和59年に廃線)記念館・熱塩駅に到着し、ヨーロッパ風建築である駅舎と保存されている客車「オアフ61」とラッセル車を見学させてもらう。

Img_2372

Img_2376

Img_2377

Img_2378

 しだれ桜が楽しめれば良かったが、時期を過ぎてしまっていた。残念に思いつつ、帰路につく。

 複数の道の駅などで買い物をしつつ、18時、自宅に戻る。

Adsc_001009 18時30分、100円で購入した鰤カマ・鰤あらを塩焼きにしたもの、焼いてから小粒納豆を入れた栃尾揚げ、筍の煮物、野沢菜、パンの耳とビールで漬けたキュウリの漬物、ビール500ml3本で夕食をとる。
 パンの耳とビールで作った漬け床であるが、思った以上にぬか漬け風となった。

 食後から事務所で事務仕事。

 24時、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

|

« 戊辰戦争150周年記念の鶴ヶ城訪問
創業80年、牛乳屋食堂のラーメン
| トップページ | 野党の党名ロンダリングと政党助成金
ナイトライダー帽子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/66702969

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県会津若松市:レトロな七日町通りをまち歩き:

« 戊辰戦争150周年記念の鶴ヶ城訪問
創業80年、牛乳屋食堂のラーメン
| トップページ | 野党の党名ロンダリングと政党助成金
ナイトライダー帽子 »