« ウルトラマンフェスティバル2018
(勝手に仮称?)かしわざき撮影所営業活動
| トップページ | 避難準備で逃げた東広島市
厳島神社で西日本豪雨災害の復興を祈る »

2018年7月23日 (月)

西日本水害・広島県呉市内でボランティア
想定外はやってくる・・・

 1時、就寝。

 7時に起床し、ホテル2階でビュッフェ形式の朝食をとる。小粒納豆、地元の味である広島名物「がんす」、スクランブルエッグ、ゴーヤチャンプルー、有機野菜のサラダ、切り干し大根、生卵4個、焼き海苔、梅干し、牛乳、野菜ジュース、若布と油揚げの味噌汁、ご飯2杯といった内容。長時間ドライブの疲れなのか、食事の写真を撮り忘れ・・・。

 8時30分、今回のボランティア活動を一緒に行ってくれるW氏も柏崎市から到着して、合流。地元の福祉施設にお勤めで、広島市安佐南区出身のN女史の車に乗せて頂き、豪雨災害がとりわけ酷かった広島県呉市に向かって移動する。
 4年前、広島市安佐南区の土砂災害時にもボランティア活動をしたこともあり、今回も同様の被害がないか心配していたが、改良されたところは、その甲斐あって被害がなかったそうである。

Bdsc_003320
*崩落した高速道路(広島呉道路)

 呉市までの高速道路が道路ごと流されてしまったこともあり、呉市に向かう一般道路は大渋滞。
 一般道路も土砂が流れ込んだが、道路横にあった公園のなかにアスファルトを敷いて緊急の迂回路が作ってあった。素晴らしい対応の早さ、決断力である。

Bdsc_003118
*公園の駐車場の上に、緊急の迂回路。タイヤ止めはそのまま。

 西日本水害で酷い被害を受けたものの、あまりマスコミで報道されることがなかった広島県安芸郡坂町の状況も見せてもらったのち、広島県呉市天応町に入る。
 山からの水もあり、一気に家屋が浸水し、駐車してあった車が浮いて移動したり、流れてきた流木などで家屋が壊されたりと、水害の恐ろしさ、その被害の大きさを確認。
 また先の平成30年6月定例会の一般質問でも取り上げたプロボノ、とりわけ重機ボランティアが圧倒的に不足している事も確認できた。

Bdsc_003926
*重機が入れる広さがあるため、片付けは進んだが、車両をそのまま運べず、車体を壊しての搬出予定という。

Bdsc_004330
*どこからか流れてきた車両があり、本人の確定と所有権の関係をクリアしないと片付けられない。

Bdsc_004431
*小型重機も入れない狭い家屋と家屋の間に、どこかから流れ着いた車両。撤去方針・手法も決まらず・・・。

Bdsc_005840
*住宅街に行くための細い一本道をふさいでしまった車両。このため、ごみや土砂を入れた土嚢の回収ができず、衛生環境も悪化。

Bdsc_006143
*ごみの搬出が間に合わず、とりあえず空き地に積んでいる。

 10時からW氏、N女史とともに住居内に入り込んだ土砂の撤去を行う。マスクをつけ、まだ湿っている土砂を土嚢袋に入れる作業を繰り返す。湿気を含んでいるから良いものの、乾いて粉塵になったものは、どんな重金属や化学物質が入り込んでいるか分からないため、目に入って結膜炎になる方もいるそうである。

 12時30分、昼食休憩となり、すでにスポーツドリンク2リットル飲んでいるところに、さらに水1リットルを飲みつつ、おにぎり2個(シーチキンマヨネーズ、明太子マヨネーズ)を食べる。普段であれば、マヨネーズかぶりはしないように買うが、流通が完全に回復していないため、コンビニ自体に商品の数が少なく、こんなチョイスとなった。

Bdsc_006648

 13時過ぎから作業を再開。ボランティアセンター経由で広島市の女子高校生、我が柏崎市と姉妹都市である東京都東村山市の教員の方なども同じ現場でボランティアを行ったものの、体調管理のこともあり、14時過ぎで終了となった。
 我々は直接のボランティアであるため、体力が尽きる17時過ぎまで作業を続行。午前中に100mダッシュ級に土砂をどかしたツケが後半にまわり、16時あたりからは意識朦朧となった。

 17時30分、作業を行った住宅のご夫婦、お祖母ちゃんからご丁寧な御礼の挨拶を頂いたのち、現場を後にした。
 帰り際、水の力で飴細工のように曲がった玄関用の金属柵を見つけ、改めて自然の驚異を実感。

Bdsc_006749

 18時過ぎ、宿泊先のスーパーホテル広島の部屋に戻り、急いでシャワーを浴びる。

Bdsc_006850

 19時、W氏、ご案内頂いた地元のN女史、妻とともにホテル近くの「情熱鉄板!お好み焼き 川創本店」(電話:050-3464-8777)まで徒歩で移動し、夕食を兼ねた懇親会。
 まずは生ビールとともに、広島らしい「ウニホーレン 1296円」、「和牛コウネ塩焼き 1080円」をつまむ。

Bdsc_007658

 コウネは人気ドラマ『孤独のグルメ』の2017年末特番『孤独のグルメ大晦日スペシャル~食べ納め!瀬戸内出張編~』で紹介されていた(広島市「みっちゃん」)ように広島ではメジャーである。

Bdsc_007456

 お目当てのお好み焼きは「そば」か「うどん」を入れることが選べるところ、すべて「そば」入りにし、「川創焼き 1080円」(イカ天、シソ、ネギ)、「オモニ焼き 1080円」(お餅、ニンニク、キムチ)、「ちゃんちー焼き 1188円」(チーズ、ハラペーニョ、ピクルス)の3種類を堪能。すっかり満腹となった。

Bdsc_007860

 21時過ぎ、ホテルに戻り、まだ土砂の汚れが完全に落ちていないため、再度、シャワーを浴びる。

 テレビを観ながら、アイスを1本(ガリガリ君ソーダ味)食べたのち、23時に就寝。

« ウルトラマンフェスティバル2018
(勝手に仮称?)かしわざき撮影所営業活動
| トップページ | 避難準備で逃げた東広島市
厳島神社で西日本豪雨災害の復興を祈る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ウルトラマンフェスティバル2018
(勝手に仮称?)かしわざき撮影所営業活動
| トップページ | 避難準備で逃げた東広島市
厳島神社で西日本豪雨災害の復興を祈る »