« 平成30年柏崎市議会9月定例会一般質問(海の柏崎、職員不祥事)
全国初?市議会議場での呈茶
| トップページ | フリーゲージトレイン導入、北陸でも断念
柏崎市議会議長、再入院 »

2018年9月11日 (火)

台湾:慰安婦像問題、「慰安婦の真実国民運動」が撤去要求

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、筋子、キュウリと若布の酢の物、茄子と茗荷の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

Zdsc_00217 9時過ぎ、市役所に移動し、10時から本会議、一般質問二日目に出席する。
 午前中は2名の議員が一般質問を行ったものの、答弁よりも質問者の説明が長い内容。一般質問自体は質問者の持ち時間30分のみが決まっているので、答弁が短い、質問者の説明が長いと早めに終わってしまう。

Zdsc_00248 11時45分から休憩となったので、会派室に戻り、持参してきた弁当で昼食をとる。鶏ドラムスティックのトマト煮、玉子焼き、キュウリの浅漬け、ジャガイモとピーマンの油炒め、粗挽きソーセージ、2.2ミリのスパゲティを使ったナポリタン、梅干し、ご飯といった内容。

 13時から本会議が再開となり、2名の議員が一般質問を行った。

 15時5分から15分間の休憩をとったのち、もう2名の議員が一般質問。

 17時15分に終了となり、自宅に戻る。

 身支度をしたのち、18時から柏崎市の元収入役であった田中哲男氏のお通夜に参列。櫻井市長による弔辞があり、熱くまっすぐなお人柄も紹介された。合掌。

Adsc_000201 19時過ぎ、自宅に戻り、皮を剥いだ鶏胸肉とレタス、トマトを使った棒棒鶏、ワカサギの天ぷら、獅子唐の天ぷら、冷奴、小粒納豆と梅肉の和え物、ビール500ml3本で夕食をとる。
 無農薬で自家栽培されたという頂き物の獅子唐であったが、激辛の「当たり」が多く、ビールが進んだ。

 食後から事務所で決算資料の読み込み。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、引き続き、決算資料を読む。

 先日、現物を確認してきた台湾・台南市の中国国民党の敷地内に建立された慰安婦像に関連し、私もメンバーに入っている保守系民間団体「慰安婦の真実国民運動」が撤去や公開討論会をともめる文書を中国国民党台南市支部に提出した。

Img_3465

 力になれることがあれば、さらに協力し、この文書をきっかけとして、事態が動くことを期待したい。


平成30年9月7日『産経新聞』

台湾・慰安婦像で日本の民間団体が撤去要求

 日本の複数の保守系民間団体で作る「慰安婦の真実国民運動」は6日、台湾南部・台南市で、台湾初の「慰安婦像」を設置した中国国民党台南市支部に像の即時撤去を求める文書を手渡した。
 同団体の幹事ら3人が、像の設置を主導した支部主任委員の謝龍介台南市議に渡した。文書は、「事実と異なる内容の碑文」に「強く抗議」し、像の即時撤去に加えて、碑文で慰安婦の人数を「約20万ないし40万人」としたことや「強制徴用した」とする根拠となる資料の提出を要求。台湾での公開討論会の開催も求めた。
 幹事の藤井実彦氏によると、応対した謝氏は、質問への回答や公開討論の開催に前向きだったという。


提出された文書(中文)

致台南慰安婦人權平等促進協會 會長 公開質問書

 我們「慰安婦之真相國民運動組織」對於台南慰安婦人權平等促進協會,於2018年8月14日設置的慰安婦銅像,對其與事實不符的包括日語在內的多種語言之碑文提出強烈抗議。現今設置的慰安婦銅像位於現在國民黨台南市黨部的占地內,儘管是私有地,但做為日本人絕不能容許妨礙日台友好的「與事實不符的碑文」。
 我們「慰安婦之真相國民運動」是調查研究慰安婦問題的超過十五個市民組織的團體。除了對於現存的慰安婦相關資料進行調查,亦向海外發佈正確的訊息。在聯合國以及美國等處,每年也進行著糾正關於慰安婦問題的錯誤訊息之行動。此次的碑文,記載著與我們的調査研究以及事實完全不同的內容,做為日本人對此無法視若無睹。在要求即時撤去的同時,向貴協會提出關於此碑文的公開質問書。
 以下是針對碑文內容的三個質問事項。對於設置碑文及慰安婦銅像的貴會,應有義務回答以下質問,,我們要求於一個月內提出回答,並向媒體公開貴會的見解

一、「1937年12月抗戰期間(中略),日軍在亞太各地設立『慰安所』,以欺騙、脅迫、綁架等方式,強徵占領區年輕婦女成為『慰安婦』供日軍姦淫,受害婦女約20至40萬人,台灣至少1,200人。」
 請提出此處所說的20萬人,甚至40萬人被害者的證據資料。此外,請提出被強制徵用的證據資料。台灣的1,200人受到了何種迫害,請提示具體的證據資料。

二、「1996年1月,聯合國人權委員會公布了『慰安婦』調査報告,認定『慰安婦』是第二次世界大戰中『日軍的性奴隸』,已構成戰爭罪,日本政府應負責、道歉與賠償。迄今全球已有美國、加、歐盟、韓國、中華民國等32個國家決議支持聯合國報告,但日本政府仍拒絕負責、道歉與賠償。」
 我們認為如此說法是出自於庫馬拉斯瓦米報告書的內容,但日本政府沒有進行謝罪及賠償的根據在何處呢?此外,關於庫馬拉斯瓦米報告書內容的虛假之處,日本進行了研究調査,其調査結果也曾六次向聯合國提出。對此,貴方有必要與做為日本人的代表進行公開辯論,貴方是否願意接受辯論?

三、「倖存下來『慰安婦』爭取正義的勇敢行動,已成國際婦女人權運動典範。今日立此銅像,顯示中華民國人民不忘『慰安婦』的悲慘歷史,並對她們的奮鬥表達尊敬與支持。」
 對此,我們認為此為韓國人所提到的說法,但在台灣露骨地將錯誤的慰安婦問題加以擴大,則是極大地損毀了日台友好的關系。日本是台灣最為友好的國家,看到如此傷害日本人的名譽的行為,大多數的日本人深感失望。在台灣存在著兩位女性自稱自己原為慰安婦,但對其支援的人權團體「台北市婦女救援基金會」,對於台南慰安婦人權平等促進協會,表示「不知詳情,沒有合作」。請回答你們的團體是依誰的指示、且是為了達到什麽目的而創立?。毫無疑問,日台友好關係因此一慰安婦銅像的設置問題遭受極大傷害,我們深感憂慮並認為有必要立即解決這一問題。 請即刻於一個月內內對本件做出回答,並要求立即舉行公開辯論會。

二○一八年九月五日
慰安婦之真相國民運動組織

<加盟團體一覽>
亞洲自由民主連帶協議會/新歷史教科書編纂會/生存證人PROJECT/守護英靈名譽彰顯會/向世界的史實發布會/微風/正確歷史傳播會/調布「史」之會/Texas親父日本事務局/Nadeshiko Action/日本時事評論/明辨捏造慰安婦問題的日本有誌會/
為了解決捏造日本軍「慰安婦」問題的北海道會/糾正不正當日本批判的學者會/自豪的日本會/論破PROJECT (計16個團體)


提出された文書(日本語)

台南慰安婦人権平等促進協会・会長宛

公開質問状

 我々慰安婦の真実国民運動は2018年8月14日に台南慰安婦人権平等促進協会が設置した慰安婦像について、事実と異なる内容の碑文が日本語を含めて多言語にて設置されたことに強く抗議する。
 設置された慰安婦像は、現在国民党台南支部の敷地内にありますが、私有地であっても、日台友好を阻害する、「事実と異なる碑文」を設置することは日本人として決して許されるものではありません。
 我々慰安婦の真実国民運動は慰安婦問題を調査研究する15を超える市民グループの集まりです。現在現存する慰安婦関連の資料の調査を始め、正しい情報を海外にも発信しています。国連や米国等においても毎年慰安婦問題の誤った情報を正すべく現地にて行動をしています。
 今回の碑文については我々の調査研究及び事実と全く異なる内容が記載されており、日本人として看過できるものではありません。即時撤去を要求するとともに、本碑文における公開質問状及び公開討論会の開催への協力依頼を貴協会に提出いたします。
 下記は碑文の文面に基づいて質問事項を記載したものである。本件はマスコミ等に公開し、慰安婦問題に対して公に見解を出し、碑文と慰安婦像まで設置した責任を持つ貴協会が答える義務を持つ質問である。
 本件は1ヶ月以内に回答を求めるものである。 以下は碑文に書かれた内容を3点にわたって列記した。

1、「1937年12月以降、日本軍がその後,アジア太平洋各地で「慰安所」を設立し,騙しや脅迫,拉致などの方式で,占領区の若い女性を「慰安婦」として強制徴用して日本軍の姦淫に供し,被害にあった女性は約20万ないし40万人に上るといわれ,台湾も少なくとも1200人が被害者とされているという。」
 本件の20万人、から40万人の被害の根拠とされる資料を提出してください。
 また、強制徴用したとされる根拠を資料として提出してください。
 台湾の1200人がどのような被害を受けたのが、具体的に根拠資料を示してください。

2、「1996年1月,国連人権委員会が「慰安婦」に関する調査報告を公表し,「慰安婦」は第二次世界大戦,「日本軍の性的奴隷」だと認定し,これは戦争罪であり,日本政府は責任を負い,謝罪と賠償をしなければならないと認定された。現在までには,アメリカ,カナダ,EU,韓国,中華民国等の32か国の国会が国連の調査報告を支持したが,日本政府は依然として責任を負うことや謝罪や賠償を拒否している。」
 本件はクマラスワミ報告書の内容を示していると考えられるが、日本国政府が謝罪や賠償をしていないという根拠はどこにあるのか?また、クマラスワミ報告書の内容に虚偽がある点について日本では研究調査が進んでおり、その調査研究は国連において六度も提出されている。本件において日本人の代表として公開討論をする必要があるが受ける用意はあるか。

3、「辛うじて生き残った「慰安婦」の正義を勝ち取る勇敢な行動はすでに国際婦女人権運動の模範となった。本日,この銅像を安置することは,中華民国の国民は決して「慰安婦」の悲惨な歴史を忘れず,さらに彼女たちの奮闘ぶりに対する尊敬と支持の意を示す。」
 本件において、韓国が問題提起をしていることは承知しているが、台湾における露骨な誤った慰安婦問題の拡大は、日台友好の絆を大きく毀損するものである。日本は台湾の一番の友好国だと思っていたが、このような日本人の名誉を傷つける仕打ちを受けて日本人の大多数は深い失望を覚えている。台湾には元慰安婦だと名乗り出た女性2人が生存しているが、支援してきた人権団体「台北市婦女救援基金会」は、促進協について「詳しく知らないし連携していない」と答えたとされている。あなたたちの団体は誰に指示をされて設立をし、どのような目的を達成するために作られたのかお答えください。

 日台友好がこの慰安婦像設置問題で大きく毀損することは間違いなく、大変憂慮し即時問題解決をする必要があると我々は考えています。
 速やかに本件について1ヶ月以内にご回答をいただき、公開討論会を台湾国内にて即時行うことを要求いたします。

2018年9月5日
慰安婦の真実国民運動

<加盟団体一覧> アジア自由民主連帯協議会/新しい歴史教科書をつくる会/ 生き証人プロジェクト/英霊の名誉を守り顕彰する会/ 史実を世界に発信する会/そよ風/正しい歴史を伝える会/ 調布『史』の会/テキサス親父日本事務局/なでしこアクション/ 日本時事評論/捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会/ 捏造日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会/ 不当な日本批判を正す学者の会/誇りある日本の会/論破プロジェクト(計16団体)

« 平成30年柏崎市議会9月定例会一般質問(海の柏崎、職員不祥事)
全国初?市議会議場での呈茶
| トップページ | フリーゲージトレイン導入、北陸でも断念
柏崎市議会議長、再入院 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾:慰安婦像問題、「慰安婦の真実国民運動」が撤去要求:

« 平成30年柏崎市議会9月定例会一般質問(海の柏崎、職員不祥事)
全国初?市議会議場での呈茶
| トップページ | フリーゲージトレイン導入、北陸でも断念
柏崎市議会議長、再入院 »