2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 山梨県議会、太陽光発電の規制条例化検討 | トップページ | 映画『炎の天狐トチオンガーセブン閻魔堂!地獄の大決戦!!』ポスター完成 »

2018年9月28日 (金)

決算特別委員会(平成29年度)
産業建設分科会(現地視察、都市整備部)

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、ほうれん草とコーンのバター炒め、沢庵、茄子と茗荷の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 8時50分、市役所に移動し、決算特別委員会の産業建設分科会現地視察のため、9時、マイクロバスに乗り込む。

Img_4098 9時40分、現在は閉鎖されている旧石地フィッシングセンターを視察。老朽化などもあり、かなり危険な箇所もあるが、取り壊し費用の見積もりが約1億5000万円となっているため、現在は安全対策のみをしている。
 予算措置ができる平成32年度までは、このままであり、平成29年度決算でも448万円が安全対策に使われている。

Img_4097

 市役所新庁舎を作る際にも、現庁舎の取り壊し費用が用意できていなかったりと、これからの公共施設縮小時代の準備をもっと早く取り組むべきであった。

Img_4099


1.施設の概要
(1)工事期間 昭和63年6月29日~平成元年9月28日
(2)桟橋 L=165m、W=2.5m
(3)釣台面積 1,009平方m
(4)管理棟 建築面積 59平方m

2.事業に要した経費
(1)総事業費 3億8130万4250円
(2)財源内訳 交付金 3億6100万円(電源立地促進対策交付金事業)
   町費 2030万4250円

3.これまでの経緯
・昭和63年 フィッシングセンター設置に係る国有土地使用の許可を受ける。
・平成元年 設置条例施行。10月2日~平成24年3月31日まで市直営で運営。
・平成24年 4月1日指定管理者制度の導入(平成26年3月31日まで)。
・平成25年 基準に満たない橋脚が2脚あることが判明し、12月1日休止。
・平成26年 修繕、営業再開後の維持管理費等を検討した結果、多額の費用がかかるため、営業を再開しないことを市の方針として決定。
・平成27年 廃止条例が可決。(4月1日施行)地元住民や県と解体に向けた説明会や協議を行い、了承を得る。
・平成28年 グレーチング等の一部を撤去。

4.平成29年度の予算執行状況
(1)事業名 石地フィッシングセンター安全対策業務委託
(2)委託期間 平成29年5月22日から平成29年6月30日まで
(3)委託料 448.2万円
(4)委託先 株式会社植木組 柏崎支店
(5)契約方法 指名競争入札(5者指名、1者辞退)
(6)業務概要 ゴムマット、グレーチング、管、日よけ板、水槽、看板等強風に
より飛散する恐れがあるものを撤去。


Img_4100 10時25分、西山ふるさと公苑に移動し、リニューアル事業の成果について視察。リニューアル前の4月から6月で来場者は8778人であったが、リニューアル後の同期間は14531人と1.66倍になったという。
 西山町の魅力を伝えるプロジェクションマッピングなど、かなり凝った作りになっており、3カ年の総事業費8714万円分の利用者増などの成果を期待したい。

Img_4105

 今年6月には映画『炎の天狐トチオンガーセブン閻魔堂!地獄の大決戦!!』のロケもここで行ったので、柏崎での特別試写会の実施も本施設で行いたいと思う。

Img_4101

 売店に苔玉が売っていたので、ムクロジ(無患子)、カクレミノ(隠蓑)が植えられた「苔玉 700円」を購入。

Dsc_0009


1.施設の概要
 西山町の観光と文化情報の発信地、そして友好提携を結んでいる淮安市との交流拠点として平成9年に設置。また、翌年4月には「道の駅」の登録。
(1)西山ふるさと館
 1階 事務室、展示室、立体映像室、会議室など
 2階 多目的ホール、ステージ、楽屋など
(2)西遊館 中国風庭園のメイン建築物であり、イベント時にはライトアップにより、昼間とは異なる姿を浮かび上がらせている。
(3)西遊園 中国風の庭園。入口には三座門(さんざもん)がお客様をお迎え。アーチ右下には吉祥の意が込められた小猿が彫られている。

2.リニューアルの状況
(1)事業名 西山ふるさと館リニューアル業務委託
委託期間 平成29年6月20日から平成30年3月20日まで
請負者 株式会社 フジヤ 東京本社
契約方法 随意契約(1者特命)
委託概要 展示室の内部造作、サイン・グラフィック、造形、電気、照明器
具のリニューアル業務。
(2)事業費
 平成27年度 基本計画策定業務委託 499.8万円
 平成28年度 実施設計業務委託 611万円
 平成29年度 リニューアル業務委託 7603万円
(合計8140万円)
(3)展示構成
a.ふるさと再発見 人・モノ・自然・文化など西山の魅力を紹介
b.西山ものがたり 実在した山城や油田のほか、日中国交回復などを紹介
c.淮安の小径 友好都市である中国淮安区を紹介
d.西山ショップ 地域産品などを販売

3.平成29年度 施設設備の改修工事の状況
(1)事業名 西山ふるさと館空調入替工事
工事期間 平成29年7月11日から平成29年10月18日まで
工事費 1566万円
請負者 株式会社 ミタカ
契約方法 制限付き一般競争入札(6者)
工事概要 GHP(2系統:4台)及びEHP(1系統:1台)の室内機、室外機の入替え。
室内機:2階ロビー東側2台、北側2台、西側3台、事務室1台
(2)事業名 西山ふるさと公苑案内看板照明器具設置工事
工事期間 平成29年4月17日から平成29年6月30日まで
工事費 81万円
請負者 株式会社 竹内電設
契約方法 随意契約(3者見積合わせ)
工事概要 国道116号沿いの案内看板に、LED照明器具を設置。片面3台×両面。


 11時45分、市役所に戻り、12時5分、「やぶ」(電話:0257-22-3482)からの出前「カツ丼」を食べながら、会派室で打ち合わせを行う。

Dsc_0004

Dsc_0007_2 13時から決算特別委員会産業建設分科会に委員として出席する。今日は都市整備部所管事項の審査である。

・道路除排雪費12億2470万円
・夢の森公園利用者9万3300人

 全国的に話題になっているような問題(5項 都市計画費)についても質疑を行った。

Q.都市公園について維持管理課に確認したい。公園施設設置許可申請書などをもって、柏崎市の市有地を浜茶屋や売店などに複数年で設置の許可をしている。しかしながら、こういった貸し出した土地に建築物があり、それが登記されていないという問題が平成28年度あたりから他の自治体で問題視されていると聞いている。柏崎市ではそういった例はないのか。
A.そういった事例があるかも含めて調査したい。

Q.柏崎市の土地である都市公園内に設置された建物が、登記をしていない、そして固定資産税が課税されていない、ということはあってはならない。建物の登記については表記の部分は不動産登記法第47条にあるように、1か月以内に表題登記をしなければならないとある(10万円以下の過料)。相続未登記物件などの問題が全国的に問題になっている。建築住宅課での審査後に建物を登記したかどうかまでは把握できないと思う。固定資産税の徴収も含めて調査してもらいたい。
A.都市公園内に恒久的な建築物があること自体は認識していたが、どういった経緯でそうなったのかまでは把握していない。調査したい。

 15時40分に分科会が終了となり、会派室に戻って諸雑務。

 18時30分から市内某所で三井田孝欧後援会長を含め、来年の選挙についての会議を行う。

 23時10分、自宅に戻り、熱めのシャワー浴びる。

 23時30分から週刊誌2冊を読む。

« 山梨県議会、太陽光発電の規制条例化検討 | トップページ | 映画『炎の天狐トチオンガーセブン閻魔堂!地獄の大決戦!!』ポスター完成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 山梨県議会、太陽光発電の規制条例化検討 | トップページ | 映画『炎の天狐トチオンガーセブン閻魔堂!地獄の大決戦!!』ポスター完成 »