« 北海道電力・泊発電所の再稼働で命を守る | トップページ | 柏崎市議会:議員定数削減を「否決」
平成30年9月定例会(第15回会議)閉会、加藤議長辞職の意向 »

2018年9月20日 (木)

加藤武男議長、三井田を訴える
議長職の報酬はもらい仕事は放棄して、訴訟準備

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、粗挽きソーセージ、ニンニクの醤油漬け、豆腐と若布の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市役所に移動し、会派室での諸雑務や他会派議員との打ち合わせを行う。

Dsc_00217 12時20分、自宅に戻り、キャベツ、ピーマン、人参、玉葱を炒めたのち、「マルちゃん焼そば たらこ」を入れて作ったたらこ焼きそば、低脂肪乳、梨で昼食をとる。
 商品化されたたらこ焼きそばを食べるのは初めてであったが、悪くない感じでビールにも合いそうであった。

 食後、長岡市に移動し、裁判に関する作業。
 柏崎市議会・加藤武男議長が、私を筆頭として3名の柏崎市議会議員を名誉棄損で訴えてきた「平成30年(ワ)第93号損害賠償責任事件」の対応である。
 西山町の市営駐車場を不正な使用してきたとする審査請求が名誉棄損にあたるということで、550万円の請求。

Img_3477

 他の3名の議員は、西山町の市営駐車場の不正な使用に関する審査請求の請求人であるが、被告のメイン扱いとなっている私は、その内容を知っていながらマスコミに情報提供したから名誉棄損だ、という訳の分からない訴状になっている。
 内容は、

4 共同不法行為
 被告星野、被告斎木及び被告若井は、いずれも2月20日付審査請求書に審査請求人として名を連ねており、同書の内容を理解していたことは明らかである。
 また、被告三井田は、同書面を市役所の記者クラブポストに投函した者である。
 被告三井田は、審査請求代表者である被告星野と同じ会派であり、被告斎木のフェイスブックによれば、平成30年2月20日午前9時の会派会議において本件駐車場の不正使用問題について協議したとのことから(甲9・フェイスブック)、被告三井田も、審査請求の内容及びその資料については、十分に内容を把握していたものである。
 そして、被告三井田は、平成30年1月15日、自身のブログに、「議長が公営駐車場をビジネスに使っているという内容について、事実かどうか議長から説明をしてもらいたい」、「今後、事実かどうか西山町事務所に対して確認をしていきたいと思う」と記載おり(甲10の1・三井田ブログ)、その後も、ことあるごとに本件についてブログに記載していることから、かかる点からも、審査請求の内容を十分に把握していたと認められる。

というもので、争点は私・三井田が審査請求書の中身を十分に把握していたか否か、である。
 記者クラブポストへの投函を依頼され、投函したのは事実。対象案件が西山町の市営駐車場の不正な使用であることぐらいは表紙で分かるが、いちいち審査請求書の中身を把握しているわけはない。
 しかも平成30年1月16日に西山町事務所に他の議員は事実確認や現場調査に行っているが、私は行っておらず、明らかに政治的な仕掛けの内容となっている。
 そもそも、私のブログを証拠書類としているなら、平成30年2月20日の証拠を斎木議員のフェイスブックで憶測するのでなく、私のブログを見れば良い

 「9時、市役所に移動し、他会派議員と打ち合わせを行う。」

と会派会議ではなく、他会派議員との打ち合わせをしていたとちゃんと書いてある。
 辻褄が合わないので、斎木議員のフェイスブックを引用したのであろう。
 しかも、「ことあるごとに本件についてブログに記載している」とあるが、それは審査請求が出され、公開されたことから当然であり(平成30年2月20日まで、一切記載はなし)、他のことも私は記載している。
 そして肝心なことは、平成30年1月15日のブログにも書いたように、議会運営委員会という公式の場で、私が直接、加藤武男議長に問うたのは、事実確認であり、事実であるなら弁明の場にもなったはずで、きちんと本人が答弁していれば終わった話である。それを知らないだの、三井田が何か関わっていた、だの勝手な憶測や政治的な謀略を繰り返すから、事態は複雑化した。

 議会を司る議長ともあろう人が、議会開会中に議員を訴え、しかも病気療養と言って入院して仕事を休みながらも議長職の報酬(毎月49.1万円)をもらい、その間に訴訟の準備を弁護士とともに進めていたのである。
 訴訟をする元気があるなら、市民の税金で報酬がでている以上、議長としての職をまっとうするのが当たり前。
 加えて、第1回口頭弁論の日(平成30年10月2日)は、議会の公務が入っている日になっており、議会運営を議長自らが乱している。
 政治的な謀略が入った訴訟であり、しっかりと事実を主張したい。

 17時、事務所に戻り、事務仕事。

Dsc_00238 19時40分、鶏レバーの醤油煮、秋刀魚の甘露煮、水菜サラダ、野沢菜、小粒納豆と梅肉の和えもの、鯖鮨、ビール500ml3本で夕食をとる。
 鶏レバーは、丁寧に血抜きをして、牛乳に一晩漬けておいたので、まったくレバー臭さがない仕上がりとなった。

 食後からも事務所で事務仕事。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

|

« 北海道電力・泊発電所の再稼働で命を守る | トップページ | 柏崎市議会:議員定数削減を「否決」
平成30年9月定例会(第15回会議)閉会、加藤議長辞職の意向 »

コメント

加藤議長のような常識を外れた議員は即刻辞職すべきかと思います。
このような低レベルな議長が辞職もせずに居座る事が柏崎市の損失です。

こちらのブログに証拠写真も上がっておりますし、まずは自分の非を認めた上で謝罪を行うべきでしょう。
平気でこのような事を行い、よく街を歩けるなぁと。

投稿: 市民A | 2018年10月 7日 (日) 11時35分

 市民Aさん、コメントありがとうございます。
 公の施設である市営駐車場の不正な利用について、倫理上問題があるとの指摘に、何故か利用者に指示した、してない、と問題を矮小化し、逆にこちらを訴えるという訳の分からない状況になっております。

「(市営駐車場の不正な利用は)
  議員、議長だから許されたのか」

ということにならないよう、最後まで主張、活動をしていきます。

投稿: 三井田孝欧 | 2018年10月 9日 (火) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/67245239

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤武男議長、三井田を訴える
議長職の報酬はもらい仕事は放棄して、訴訟準備
:

« 北海道電力・泊発電所の再稼働で命を守る | トップページ | 柏崎市議会:議員定数削減を「否決」
平成30年9月定例会(第15回会議)閉会、加藤議長辞職の意向 »