2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« フリーゲージトレイン導入、北陸でも断念
柏崎市議会議長、再入院
| トップページ | 産業建設常任委員会審査、協議会(フォンジェ存続の方法を模索) »

2018年9月13日 (木)

柏崎の上下水道耐震化の進捗
産業建設常任委員会審査、公企業決算認定

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、ピーマンのジャガイモの油炒め、野沢菜、豆腐と若布の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 食後、身支度をしたのち、自由民主党総裁選の投票はがきに記入し、ポストに投函。投開票となる9月20日が楽しみである。

Adsc_001610

 9時過ぎ、市役所に移動し、会派室で諸雑務。

Adsc_001812 10時から産業建設常任委員会の審査に委員として出席する。今日は上下水道局所管事項の審査のみである。
 ガス事業が民営化されたので、今回の審査がガス事業会計関係では最後となる。

「議第84号平成30年度水道事業会計補正予算(第1号)」
 人件費のみ

「議第85号平成30年度下水道事業会計補正予算(第2号)
 人件費のみ

「議第98号 平成29年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」
 平成29年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分を行うための議案。
「承第2号 決算の認定について(平成29年度水道事業会計)」
・水道使用料の大幅増加が見込めないものの、老朽施設の更新、維持管理が課題
・それでも約2億円の純利益を得ることができた。

Q.昨今の自然災害、西日本豪雨災害、そして北海道胆振東部地震でも水道設備の耐震、土砂対策の重要性を再認識したところであるが、今回の純利益分も含めて対策はできているか。災害対策のための積み立てはできているか。
A.ダムや浄水場は基幹系管路は耐震対応は既にできている。内部留保はあまり多くならない程度に適宜に積み立てている。
A.柏崎の浄水場の平成23年3月に耐震化計画を策定し、進めている。現時点でダム、管理棟は完了しており、今年も取り組む。口径500mm以上、口径350mm以上の計55.2kmの耐震化を進めている、耐震化率55.1%。県内20市では2番目に高い数字となっている。

「議第99号 平成29年度工業用水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」
 平成29年度工業用水道事業会計未処分利益剰余金の処分を行うための議案。
「承第3号 決算の認定について(平成29年度工業用水道事業会計)」
・供給先は1戸であり、極めて不安定な経営状況。

「議第100号 平成29年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」
 平成29年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分を行うための議案。
「承第4号 決算の認定について(平成29年度下水道事業会計)」
・水洗化率97.1%
・3億765万円を各種積み立てし、繰り越しは756万円。

「承第1号 決算の認定について(平成29年度ガス事業会計)」

Adsc_001913 す上下水道局関係の審査を終えたのち、11時15分から決算特別委員会産業建設分科会の作業部会に出席。
 平成29年度の決算のなか、産業建設に関する事業評価を行う上で必要な資料は何か、当局に説明を求めるか否かを協議した。

Adsc_002114 12時過ぎ、自宅に戻り、冷凍しておいた焼きそば用の蒸し麺を解凍し、豚バラ肉、キャベツ、人参、ニンニク、玉葱をラードを炒め、蒸し麺と入れ、オタフクソースとオリバーどろソースで味付けした焼きそば、低脂肪乳、葡萄(ピオーネ)で昼食。

 食後から現場の調査や相談を頂いた方への報告などのため、市内をまわる。

 16時過ぎ、事務所に戻り、事務仕事。

Adsc_002815 19時、値段が大変なことになっているとの評判であったものの、安く買えた秋刀魚の塩焼き、ピーマンとジャガイモの油炒め、玉子豆腐、新生姜の浅漬け、野沢菜、小粒納豆と梅肉の和えもの、ビール500ml3本で夕食をとる。

 食後からも事務所で事務仕事。紙の資料が多く、ペーパーレスはまだ遠い。

 23時、熱めのシャワーを浴びたのち、録画しておいたテレビ番組を一気に観る。

« フリーゲージトレイン導入、北陸でも断念
柏崎市議会議長、再入院
| トップページ | 産業建設常任委員会審査、協議会(フォンジェ存続の方法を模索) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« フリーゲージトレイン導入、北陸でも断念
柏崎市議会議長、再入院
| トップページ | 産業建設常任委員会審査、協議会(フォンジェ存続の方法を模索) »