« 震度7、平成30年北海道胆振東部地震
電力の確保は命に直結
| トップページ | 第19回中央地区敬老会
幻となった柏崎新民謡などのCD »

2018年9月 7日 (金)

柏崎市議会の議員定数削減案を提出(26名から24名へ)

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、冷奴、めかぶ、ニラと玉葱の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎ、市役所に移動し、他会派議員との打ち合わせ。その後、資料請求や証明書の発行などで市内をまわる。

Dsc_0001 12時、昨日作ったしゃぶしゃぶ用の豚肉をメインにした豚しゃぶカレーを茹でた冷凍讃岐うどん2玉にかけ、さらに日高根こぶ出汁をかけたカレーうどん、低脂肪乳、巨峰、自家製の無脂肪ヨーグルトで昼食をとる。
 無脂肪ヨーグルトとして温度管理はうまくできたが、やはり脂肪分がないと美味くない・・・。

 14時45分、中央地区コミュニティセンターに移動し、明日の第19回敬老会の準備を行う。

Dsc_0004 15時15分から中央地区コミュニティ振興協議会の月例役員会に顧問として出席する。
 主な議題は、明日開催の第19回敬老会の業務分担、10月21日に実施の散策旅行(国営ひたち海浜公園)、第22回コミュニティ祭り(11月5日~11日)などについてである。
 先の台風21号で中央地区コミュニティセンターが避難所となった際には3名がお越しになったとの報告もあった。

 17時、事務所に戻り、事務仕事。

Dsc_0005 19時40分、スーパーで半額になっていたミックスサンドイッチ2個、頂き物のオクラとイカの刺身を合えたイカオクラ、豚軟骨の燻製、小粒納豆と梅肉の和えもの、もろみ味噌とプロセスチーズの和えもの、ビール500ml3本で夕食をとる。

 22時、熱めの風呂に入ってリフレッシュしたのち、某省の対外国資料の読み込み。地方議員としては無用?の知識ではあるものの、やはり安全保障に関わることなので公人、日本国民としての勉強である。

 柏崎市議会議員として四期目であるが、この間、議員定数削減を訴え、議員発案を提出してきた。
 市民が大幅に増えることはなく、有権者である柏崎市の人口が減る一方であり、市議会議員の数は26名のままである。

Cimg6094

(1)平成26年9月定例会:議員定数削減(22名)の議案を提出
→ 否決(賛否一覧)

(2)平成26年12月定例会:議員定数削減(24名)の議案を提出
→ 否決(賛否一覧)

(3)平成27年6月定例会:議員定数削減(22名)の議案を提出
→ 否決(賛否一覧)

 そしてこの度、議会運営委員会での定数削減の議論が決着しなかったので、平成30年9月5日付で議員定数削減(24名)の議案を提出した。
 採決は、平成30年9月定例会最終日の9月21日になる。 先月、視察でお邪魔した石川県小松市は、

 人口10.5万人 面積371.1平方km
 → 議員定数22名(現在21名)

同じ石川県内の白山市は、

 人口10.9万人 面積754.9平方km
 → 議員定数21名

である。
 これに比べて、柏崎市は、

 人口 8.6万人 面積442平方km
 → 議員定数26名

となっており、何とか今回の24名への削減が可決するよう他会派議員を説得したい。
 ちなみに、今年7月に行った鹿児島県鹿児島市の市議会は、次回選挙で議員定数を「50人」から「45人」へ一気に減らすことになっている。

|

« 震度7、平成30年北海道胆振東部地震
電力の確保は命に直結
| トップページ | 第19回中央地区敬老会
幻となった柏崎新民謡などのCD »

コメント

たかが人口8万ぐらいの小都市にして議員定数が26あり、それを(人口減少が続く中)2つぐらい減らす、といった「減量」すら、柏崎と言う街はできないのでしょうかね。。そのくせフォンジェは助けない、産大も助けない、ヨーカドーが閉店してもあたふたするだけ。。いっそ「コンビニが日本を壊した」とか何とか言って、「No コンビニ都市 柏崎」とかいって「古きよきJapan」を体現する街、とかいって、世の中に反旗を翻してはくれないでしょうかね。。原発なる「凶器」を持っているブッチャーみたいな都市である柏崎は。。。(「越のナントカ」という地酒を飲みすぎて酩酊状態でうっておりますこと、お許し下さい。。)

投稿: KSW46 | 2018年9月14日 (金) 02時23分

自民党は、県会に2名の候補を擁立すべき。
とにかく、最低でも一人は入るし、あの池田千賀子を落とさないといけません。自己都合で県議を辞めて。知事に立候補して、恥知らずにも、また同じ席に戻ろうとすうr「政界渡り鳥」「根無し草」です。落とさないといけません。

投稿: QQQQ | 2018年9月14日 (金) 15時46分

 KSW46さん、コメントありがとうございます。
 新潟県内でも次々と同規模の自治体が22名ないし、24名に議員定数を削減しているなか、柏崎市議会はガラパゴス状態です。
 採決の後、どの議員はどう判断したのか、お知らせしたいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2018年9月17日 (月) 22時02分

 QQQQさん、コメントありがとうございます。
 普通はしないだろ、という感じではありますが、無投票では論戦もなく、良いことにはなりません。
 まずは自民党柏崎支部内で動きたいと思います。

投稿: 三井田孝欧 | 2018年9月17日 (月) 22時05分

柏崎は、田中―小林の黄金期から、もう、遺産の食いつぶし期に成り下がりましたね。

素の元凶は、言うまでもなく質の悪すぎる「自民党県議」

●山は組織をA田ーI田に売り、三〇は天井から降りてきた幸運を、▽▼に売り渡す。

三〇の罪は重いですね。

西川さんの地盤を貰い、強力な支援者であった◇島さんの業界に割り込み、恩義を知らない屑野郎ですね。

今月の財界ニイガタは、先日私が書いたようなことを三〇の口から、言わせてます。

三〇があんな気持ちなら、自民はもう一人立てて、I田落としならぬ、▽▼落としをしたらどうですか!

投稿: QQQQ | 2018年9月27日 (木) 10時19分

 QQQQさん、コメントありがとうございます。
 表現上、一部伏字にさせて頂いたことをご了承下さい。
 本当に柏崎刈羽地域、そして次世代のことを考える候補を擁立すべきであると考えております。
 いましばらくお待ち下さい。

投稿: 三井田孝欧 | 2018年9月28日 (金) 16時53分

ハハハハ、余計な手間をおかけしました。
以後気を付けます。

投稿: QQQQ | 2018年9月29日 (土) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/67140724

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎市議会の議員定数削減案を提出(26名から24名へ):

« 震度7、平成30年北海道胆振東部地震
電力の確保は命に直結
| トップページ | 第19回中央地区敬老会
幻となった柏崎新民謡などのCD »