2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 産業建設常任委員会審査、協議会(「風の丘米山」再整備可能性?) | トップページ | TRY-try ふぉーらむ2018「誰でも誰とでも楽しく!バリアフリー体験」 »

2018年12月14日 (金)

トチオンガーセブン、新潟県警が広報大使に任命

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、焼きたらこ、ほうれん草のおひたし、もやしの味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 8時20分、新しい事務所に行き、諸雑務。

 10時から市内をまわる。

Dsc_0025

 12時10分、寒さもあり、激辛カレーを食べようと、「ふらんす亭」(電話:0257-23-4480)に行き、「チキンカツカレー 790円」を「20辛 100円」にしたもので、昼食をとる。
 汗が吹きでる辛さであるが、チキンカツのなかにチーズが入っているので、チキンカツが箸休め?となる感じ。

 食後からも市内まわり。

Dsc_0027

 17時55分、「割烹おくい」(電話:0257-24-6486)に移動し、18時から柏崎市議会・産業建設常任委員会の忘年会及び歓送迎会に出席する。
 委員メンバーの入れ替えがあったことと、平成15年に一緒に当選した社会クラブ・若井洋一議員が今期限りで勇退されること、そして私が議員辞職し、来春の新潟県議会議員選挙に挑戦することからの開催で、党派、会派関係なく、楽しい飲み会となった。

 21時過ぎ、某氏の車にのせてもらい、書類のお届けや新しい事務所の準備などで市内をまわる。

 23時30分、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びてリフレッシュ。

 24時から事務所で事務仕事を行う。

 各種メディアでの展開を続けているトチオンガーセブンが、この度、新潟県警による「防犯機能を備えた電話機の普及を促す」大使に任命された。
 公のために資する活動であり、正義のヒーローらしい役職。
 喜ばしいことであるが、それより特殊被害にあった65歳以上の高齢者の被害額が2億円を超えることに驚いた。
 機器の活用やちょっとした確認で防げることであり、大使の活躍に期待したい。

Img_3770
*トチオンガーセブンに撃退される、特殊詐欺犯人?

 新潟県警で地獄大使が必要になった際?には、映画『炎の天狐トチオンガーセブン閻魔堂!地獄の大決戦!!』の閻魔大王を起用してもらたいと思う。


平成30年12月14日『NHK  新潟 NEWS WEB』

ご当地ヒーローで防犯電話普及へ

 後を絶たない特殊詐欺の被害を防ごうと、防犯機能を備えた電話機の普及を促す広報大使に、長岡市栃尾地区のご当地ヒーロー「トチオンガーセブン」が任命され、被害防止のキャンペーンに一役買うことになりました。
 防犯機能を備えた電話機は、登録していない番号から電話がかかってくると、会話が録音されることを相手に知らせて警告する仕組みになっています。
 新潟県警察本部は、この電話機の普及を促す広報大使に、栃尾の油揚げ職人、星知弘さんが生み出したご当地ヒーロー、トチオンガーセブンを起用し、14日任命式が行われました。
 トチオンガーセブンは、栗原良光生活安全部長から任命書を受け取ると、「県警と力を合わせて取り組んでいきたい」とあいさつし、手をキツネのような形にした決めポーズを披露しました。
 今後、老人ホームや地元の祭りなどのイベントで防犯機能付き電話の購入を呼びかけるということです。
 トチオンガーセブンは「孫のために一生懸命ためたお年寄りの財産を狙う卑劣な犯罪グループは許せない。精いっぱい取り組んでいく」と話していました。
 
新潟県警察本部によりますと、先月末までに特殊詐欺の被害に遭った65歳以上の高齢者は60人で、被害額は2億4654万円に上り、このうち45人は自宅の固定電話にかかってきたということです。

« 産業建設常任委員会審査、協議会(「風の丘米山」再整備可能性?) | トップページ | TRY-try ふぉーらむ2018「誰でも誰とでも楽しく!バリアフリー体験」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トチオンガーセブン、新潟県警が広報大使に任命:

« 産業建設常任委員会審査、協議会(「風の丘米山」再整備可能性?) | トップページ | TRY-try ふぉーらむ2018「誰でも誰とでも楽しく!バリアフリー体験」 »