« えちゴン台湾進出!準備「第一回ご当地キャラExpo in高雄」 | トップページ | 平成30年12月定例会(第20回会議)開会
事業峻別、新庁舎建設の現状と今後 »

2018年12月 4日 (火)

柏崎市議会の議員定数削減案を再び提出(26名から23名へ)

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、めかぶ、なめ茸おろし、油揚げと若布の味噌汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時、市役所に行き、会派室で諸雑務や他会派議員との打ち合わせ。

 11時から市内まわり。

 14時30分、一旦、自宅に戻り、非常食用としてとっておいた「緑のたぬき」に生卵を落としたインスタント天玉そば、ご飯、きんぴらごぼう、低脂肪乳で昼食をとる。

 15時、市役所に移動し、所属会派「決断と実行」の会派会議に出席する。主な議題は、明日から開会となる平成30年12月定例会への対応や、当会派から丸山敏彦議長が離脱し、会派「整風会」が結成されたことから各常任委員会の人事配分についてなどを協議する。

 17時、事務所に戻り、事務仕事。

 19時から市内某所での会議を行う。

Dsc_0052 22時50分、自宅に戻り、ワラサの刺身、揚げピーマンをのせたイカとジャガイモの醤油煮、ポテトサラダ、小粒納豆と梅肉の和えもの、ビール500ml3本で夕食をとる。
 ポテトサラダにはつい醤油をかけてしまうので、減塩生活は遠い。

 食後、熱めのシャワーを浴びたのち、事務所で事務仕事。

 明日から開会となる平成30年12月定例会が柏崎市議会議員四期16年、最後の定例会になる。
 やり残した大きな仕事は議員定数削減であり、再度、整風会・春川敏浩議員に提案者として賛同してもらい提出した。

理由:
 新潟県柏崎市議会基本条例(平成26年条例第49号)制定により、議会及び議員の
役割・活動原則等が明確化されたことに鑑み、時代に即した手法の活用などさらなる議
員の資質向上を図りつつ、厳しい行財政改革に議会も積極的に取り組んでいくため。

 前回は26名から24名への削減を提案をしたが、否決された。

 その後、合同会派報を発行し、柏崎市民に訴えたところ、

 「24名などぬるい、20名で十分」

 「もう一回、チャレンジしろ、市民は見ている」

といった声を頂戴しており、再度の提案となった。
 採決は、平成30年12月定例会最終日の12月20日。何とか、可決するよう働きかけたい。

Cimg6094

<これまでの議員定数削減に関する経緯>

(1)平成26年9月定例会:議員定数削減(22名)の議案を提出
  提案者:三井田孝欧 賛成討論:与口善之議員、真貝維義議員
→ 否決(賛否一覧)

(2)平成26年12月定例会:議員定数削減(24名)の議案を提出
  提案者:三井田孝欧 賛成討論:荒城彦一議員、与口善之議員
→ 否決(賛否一覧)

(3)平成27年6月定例会:議員定数削減(22名)の議案を提出
  提案者:三井田孝欧 賛成討論:上森茜議員
→ 否決(賛否一覧)

(4)平成30年9月定例会:議員定数削減(24名)の議案を提出
  提案者:三井田孝欧 賛成討論:真貝維義議員
→ 否決(賛否一覧)

|

« えちゴン台湾進出!準備「第一回ご当地キャラExpo in高雄」 | トップページ | 平成30年12月定例会(第20回会議)開会
事業峻別、新庁舎建設の現状と今後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114726/67454631

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎市議会の議員定数削減案を再び提出(26名から23名へ):

« えちゴン台湾進出!準備「第一回ご当地キャラExpo in高雄」 | トップページ | 平成30年12月定例会(第20回会議)開会
事業峻別、新庁舎建設の現状と今後 »