« 柏崎市高柳町、空き家の増加を実感
柏崎観光協会との意見交換
| トップページ | 原子力発電所立地自治体消防、ドローンの活用 »

2019年1月10日 (木)

平成30年は土砂災害が過去最多
災害は忘れる前にやってくる!

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、目玉焼き、筋子、ほうれん草のおひたし、インスタントの豚汁でご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎから市内まわり。

Dsc_0024 12時15分、新しい事務所に戻り、日清カップヌードルで昼食をとる。カップヌードルのフレーバー人気投票では、不動の1位がこの醤油味。2位がシーフード、3位がカレーということであるが、私個人としてはやはりシーフードが好みである。

 食後からも市内まわり。

 18時、新しい事務所に戻り、相談を受けたり、事務所開きについての打ち合わせを行う。

Dsc_0026 21時30分、自宅に戻り、豚骨スープならぬイノシシスープを作るために煮込んだ、イノシシのあばらに塩をかけたもの、海藻サラダ、小粒納豆となめ茸の和えもの、ビール500ml3本で夕食をとる。
 すっかり柔らかくなったあばら骨についたイノシシ肉は野趣あふれる味わいで、冷たいビールに良く合う。

 22時過ぎ、熱めのシャワーを浴びたのち、事務所で資料の読み込み。

 国土交通省が昨年、平成30年の土砂災害発生件数(平成30年12月26日現在)を発表した。

 平成30年、土砂災害発生速報値

 何と1年間で3451件であり、集計を開始した昭和57年以降で最多。かつ平均発生件数(1015件)の約3.4倍を記録した。
 ボランティア活動にも行った「平成30年7月豪雨」や「北海道胆振東部地震」もあった影響であろう。
 被害も死者、行方不明者は161名で、集計開始来、3番目の被害。

Bdsc_004330

 やはり「災害は忘れる前にやってくる」のであり、人を守るためのインフラ整備、そして住民の危機管理意識が重要である。
 少しでもこういったことを発信して、地域全体として意識を高めることに努力したい。

|

« 柏崎市高柳町、空き家の増加を実感
柏崎観光協会との意見交換
| トップページ | 原子力発電所立地自治体消防、ドローンの活用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年は土砂災害が過去最多
災害は忘れる前にやってくる!
:

« 柏崎市高柳町、空き家の増加を実感
柏崎観光協会との意見交換
| トップページ | 原子力発電所立地自治体消防、ドローンの活用 »