« 仙台市、不妊治療休暇制度を創設
不妊治療の離職問題
| トップページ | 2017新潟県への来県外国人1位は台湾
長岡地酒、台湾へ売り込み »

2019年2月 5日 (火)

愛犬が亡くなってから8年
気持ちの切り替えできず・・

 2時、就寝。

 7時に起床し、大粒納豆、塩引き鮭、高菜の油炒め、塩らっきょう、若布スープでご飯2杯の朝食をとる。

 9時過ぎから市内まわり。

Dsc_0016 11時、自分の愛犬はいないものの、ドッグカフェが気になったので「わんこcafe・Uchiyama」(電話:0257-32-1005)に入る。昭和生まれらしく「クリームソーダ 480円」を飲みながら、他のお客さんの愛犬が広いドッグランで「嬉し、嬉し」と喜んで走りまわる姿をみせてもらった。癒しである。

Miri 以前、通称で豆柴と言われる小さい柴犬のメスを飼っていたが、8年前に亡くなった。味付けをしない納豆をそのまま1パックぐらい食べる納豆犬でもあった。
*本来、豆柴という犬種は無く、体の小さい柴犬を選んで何代にもわたって交配して作り出されたもの。しかし、人気が高く繁殖も進んだため、KCジャパンが公認。
 亡くなって以来、犬好き、とりわけ柴犬好きであるものの、気持ちの切り替えが難しく、また飼うまでに至っていない・・・。

 12時50分、東長浜町の事務所に行き、諸雑務をしつつ、スーパーで購入した「いなり寿司」、低脂肪乳、魚肉ソーセージで昼食。

 食後からも市内をまわる。

 18時、市内某店に移動し、ありがたいことに有志で開いて頂いた懇親会に出席する。
 めかぶや名物の蒸かしたてのシューマイなど、時間がなく簡単な食事で済ませていることで不足していた「食べた感」を堪能。

 22時過ぎから市内某店で二次会、昭和縛りのカラオケ大会となった。お約束で「ウルトラマンレオ」(作詞:阿久悠 作曲・編曲:川口真)を歌ったが、通信カラオケで本物映像がでるようになっていた。

Dsc_0026

 24時、自宅に戻り、熱めのシャワーを浴びる。

« 仙台市、不妊治療休暇制度を創設
不妊治療の離職問題
| トップページ | 2017新潟県への来県外国人1位は台湾
長岡地酒、台湾へ売り込み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬が亡くなってから8年
気持ちの切り替えできず・・
:

« 仙台市、不妊治療休暇制度を創設
不妊治療の離職問題
| トップページ | 2017新潟県への来県外国人1位は台湾
長岡地酒、台湾へ売り込み »